カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年6月21日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル経済特区(SSEZ)がCSXに上場する カンボジア[経済]

news_201906212
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)によると、シアヌークビル経済特区(SSEZ)が20日、同社の年次株主総会の場で上場すると発表したという。クメールタイムズ紙が報じた。

 SSEZは当初、敷地内の不動産開発のための資金を香港証券取引所で上場して調達すると考えられていた。

 敷地面積は11.13平方キロメートルあり、シアヌークビルの海岸から約12キロメートル、シアヌークビル国際空港から3キロメートルの場所に位置する。

 SSEZは2008年に中国企業により設立され、シアヌークビル自治港やシアヌークビル国際空港に近接する立地の良さと、海岸沿いのあるシアヌークビル港SEZよりも地価が安いため、投資家にとって実用的な工業地帯として栄えている。

 現在153社が入居し、2万3000人(うち外国人1000人)の従業員を雇用しており、総投資額は10億ドル近くに上る。また、今後は機能的な生態学的モデルパークを建設する計画があり、完了すれば、300社が入居し、8万から10万人の労働者を雇用が創出されることが見込まれている。

関連記事
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(08月23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(08月20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(08月20日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(08月15日)
経済
トランプ関税回避のため、シアヌークビル経済特区が拠点か[経済]
(07月01日)
経済
カンボジア発のベンチャーキャピタルが5500万ドルを確保[経済]
(06月03日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース