カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年6月13日
  • カンボジアニュース

泥酔して叫び、喧嘩する中国人 チャイナタウン化するシアヌークビル[経済]

news_201906131
(c)Khmer Times

 シアヌークビルへの中国人の流入は、近年のカンボジアにとって注目の話題といえる。

 シアヌークビルのビーチ沿いで露店を営むチア・ティさん(45歳)は、中国人の流入について尋ねられると笑顔は消えた。彼は、「中国人に貸せる家や土地を持っている人にとってはとても幸せですが、私のような者にとっては非常に心配です」と話す。「中国人がここに来て、私たちの街は完全に変わりました。彼らは泥酔して叫んだり、互いに喧嘩しています」と付け加えた。

 チェン・スレアンさん(38歳)は、「中国人が洪水のように来てから、チャイナタウンのようになっています。3年前、ここには中国人はあまり見ませんでしたが、今は街中は中国人しか見ません。西洋料理のレストランは、現在はほとんどが中華料理レストランです」と話す。

 タオン・コン観光大臣によると、カンボジアは2020年までに年間約300万人の中国人観光客、2025年までに500万人、2030年までに800万人の受け入れを予想している。

 安全上の懸念から、当局はシアヌークビルで外国人が犯した犯罪を抑制することを目的とした専門団体を設立することを余儀なくされており、国家警察は昨年8月、州内の治安状況を評価するため、さまざまな部署の幹部から選ばれた11人のメンバーによる作業部会を結成した。

 ソー・ケーン内務大臣はまた、地方当局が犯罪を取り締まるための追加の支援を行うタスクフォースの創設を命じた。

 国家警察によると、今年第1四半期で、外国人に関連する82件の刑事事件が発生し、341人が逮捕されたが、このうち241人が中国人だった。

関連記事
経済
カンボジアの建設投資は前年比78%増加の予測[経済]
(06日)
社会
来年、カンボジア・シアヌークビル市に監視カメラを600台設置[社会]
(05日)
経済
シアヌークビル、新たに4つの工業団地設置へ[経済]
(11月19日)
政治
シアヌークビルの下水課題に1億7000万ドルを追加割当[政治]
(11月18日)
経済
深センの都市計画研究所、シアヌークビル開発のマスタープラン着手へ[経済]
(11月15日)
労働
カンボジア、ラオス、ミャンマー、移民労働者保護に取り組む[労働]
(11月04日)
あわせて読みたい
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース