カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年6月6日
  • カンボジアニュース

欧州連合とのEBA協定 カンボジア縫製業協会「完全に撤回する可能性は低い」[経済]

new_201906061
(c)Khmer Times

 カンボジア縫製業協会(GMAC)は5日、欧州連合(EU)の代表団との会合の後、武器以外の全品目を数量制限なしに無関税でEUに輸出できるEBA協定を完全に廃止することはありそうもないと述べた。クメールタイムズ紙が報じた。

 欧州委員会はEBAの撤退プロセスに沿って、2月からカンボジアを監視する期間に入っており、事実認定ミッションとして、欧州委員会などの職員で構成されたEU代表団を滞在させ、撤退の必要性の判断に必要な調査や分析を始めた。

 EU代表団は、政府関係者や他の利害関係者と面会し、EBAの必要条件や国連や国際労働機関の条約に関する情報を集めている。

 GMACの副事務総長はEU代表団と面談した後、「対話や交渉の過程で、ある程度の相互理解できると思う。EUの要求を確実に達成することは容易ではないかもしれないので、部分的な撤退は恐らくある。経済的にも社会的にも、過去20年間に私たちが行ってきた前向きな動きをみれば、EBAの完全廃止の可能性が低いと確信している」と述べた。

 EC代表団は、EBA問題やその他の協力関係についてパン・ソラサック商業大臣と、司法制度の改善についてアン・ボンバタナ司法大臣とそれぞれ会談し、議論する。

関連記事
労働
使用者側代表「2020年最低賃金の引き上げは困難」カンボジア[労働]
(09月04日)
経済
今年上半期 対タイ輸出総額 前年同期比52%増[経済]
(08月14日)
政治
スリランカのシリセナ大統領がカンボジアを公式訪問[政治]
(08月09日)
労働
プノンペン都内郊外の縫製工場ので集団失神[労働]
(07月23日)
経済
カンボジアの米国への輸出は伸び続けている[経済]
(07月08日)
経済
カンボジア縫製業協会、港での自動車技術検査に懸念を表明[経済]
(07月04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース