カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年4月19日
  • カンボジアニュース

カンボジアの上場企業は1億2040万ドルを市場から調達[経済]

news_201904192
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)によると、2012年にCSXが設立されて以降、上場企業は総額1億2040万ドルを調達したという。クメールタイムズ紙が報じた。

 プノンペン自治港は、IPOの時点での2650万ドルだった時価総額は、現在では4860万ドルになっている。また、プノンペン経済特別区の時価総額は4130万ドルから5210万ドルに、シアヌークビル自治港の価値は1億800万ドルから2億6580万ドルにそれぞれ上昇した。

 CSXのホン・ソク・ホーCEOは、「上場企業は、市場から資金調達できるだけでなく、企業としての信頼性の向上や、投資家から認知を得ていることに気付いています。さらに重要なのは、それらの間のコーポレートガバナンスが大幅に向上したことです」と述べた。

関連記事
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース