カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年2月11日
  • カンボジアニュース

メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]

news_20190211
(c)Construction & Property

 カナディア財閥系の不動産開発会社OCIC(Overseas Cambodian Investment Corporation)社は、コーノレア地区の中心部に巨大な商業拠点を開発することを計画している。コンストラクション&プロパティ誌が報じた。

 同社は、メコン川下流域に沿ったコーノレア地区(Kaoh Norea)の総面積約100ヘクタールを複合商業施設にする計画があり、同社がかつてコーピッチ(Kaoh Pish)で行った開発と同じように、埋立地を造成して敷地を大きくする予定だ。

 同社のトゥーチ・サムナン副社長は、「今後1~2ヶ月のうちにこのプロジェクトに関するより多くの情報を提供する」と述べた。

 キー不動産の創設者のソーン・シアップ氏は、「このプロジェクトにより、他の投資家もこの地域への投資が活発になり、メコン川下流とモニボン橋から先の国道1号線沿いの美化に貢献するだろう。土地取得の需要も増え続ける」と述べた。

関連記事
社会
タモウク湖周辺に違法居住している家族を強制退去 カンボジア[社会]
(05月20日)
社会
カンボジアは深刻な眼科医不足[社会]
(04月18日)
経済
プノンペンの商業スペースの供給が見込減[経済]
(04月17日)
社会
プノンペン都に「お金の博物館」がオープン カンボジア [社会]
(04月09日)
社会
カンボジア新年に向け公共交通機関を無料提供 [社会]
(04月08日)
社会
プノンペン都 カンボジア日本友好橋再開通 [社会]
(04月04日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース