カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年2月11日
  • カンボジアニュース

メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]

news_20190211
(c)Construction & Property

 カナディア財閥系の不動産開発会社OCIC(Overseas Cambodian Investment Corporation)社は、コーノレア地区の中心部に巨大な商業拠点を開発することを計画している。コンストラクション&プロパティ誌が報じた。

 同社は、メコン川下流域に沿ったコーノレア地区(Kaoh Norea)の総面積約100ヘクタールを複合商業施設にする計画があり、同社がかつてコーピッチ(Kaoh Pish)で行った開発と同じように、埋立地を造成して敷地を大きくする予定だ。

 同社のトゥーチ・サムナン副社長は、「今後1~2ヶ月のうちにこのプロジェクトに関するより多くの情報を提供する」と述べた。

 キー不動産の創設者のソーン・シアップ氏は、「このプロジェクトにより、他の投資家もこの地域への投資が活発になり、メコン川下流とモニボン橋から先の国道1号線沿いの美化に貢献するだろう。土地取得の需要も増え続ける」と述べた。

関連記事
社会
スイス政府、カンタボパ小児病院に1200万ドルを支援 カンボジア[社会]
(14日)
労働
日本の厚生労働省、WAPESと共同でカンボジアのNEA(国家雇用機構)を支援[労働]
(07日)
コラム
新型コロナウィルスに関する注意喚起とカンボジアの現状
(01月31日)
経済
低所得者向け住宅プロジェクトは順調に進捗中 カンボジア[経済]
(01月14日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
今後2年くらいでシアヌークビルのマーケットのトップが見えてくる[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
業界
シアヌークビルの一部の地価はプノンペンより高い [不動産]ロス・ウィーブル(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース