カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月4日
  • カンボジアニュース

地方の中小企業への融資を拡大 カンボジア[経済]

keizai_20181104
(c)Khmer Times

 アジア開発銀行(ADB)は、地方の中小企業への融資を拡大するため、カンボジアの最大のマイクロファイナンス機関(MFI)であるプラサックに4000万ドルの融資を承認した。クメールタイムズ紙が報じた。

 プラサックの副社長は、「我々はシンジケートローンを受け取り、満期は4年になる。現在プラサックの総資産は21億ドルであり、融資ポートフォリオは17億5000万ドル以上、39万3500人以上の借り手がいる」と述べた。

 カンボジア国立銀行(NBC)の半期報告書によると、2018年上半期に、地方金融部門は引き続き顕著な成長をみせており、商業銀行やMFIも拡大している。
 
 この報告書に基づいて、MFI部門の貸出ポートフォリオは、2018年上半期に34.8%増の48.5億ドルに達した。年間180万人のカンボジア人が、MFIで融資を受けた。

 農業(23.8%)、貿易(18.2%)、物流(4.7%)、建設(4.3%)部門の中小企業家が大半の融資を受けた。

関連記事
経済
カンボジア中央銀行、銀行間小売決済システムを開始[経済]
(10月17日)
経済
カンボジアのフィンテック業界、サイバーセキュリティの問題に対処すべきと専門家[経済]
(10月02日)
経済
カンボジアの金融機関、上半期で総資産が19.2%増加[経済]
(08月01日)
経済
カンボジア中銀、開発業者が提供する住宅ローンの利用者に忠告[経済]
(07月31日)
経済
カンボジアの経済成長率、2019年は7.1%と予測[経済]
(07月30日)
経済
カンボジア中銀主導の決済アプリ「Bakong」をテスト[経済]
(07月24日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
ANZグループとしても、世界70%の地域での営業活動を行う中で、アジアへの自由貿易の重要性を認識しています[金融・保険] レオニー・レスブリッジ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース