カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月27日
  • カンボジアニュース

小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]

news_201807272
(c)Khmer Times

 7月29日の国民議会選挙を前に、カンボジア国内のほとんどの小売店は大きな営業を受けておらず、通常通りの業務を行っている。クメールタイムズ紙が報じた。

 ある小売店のオーナーは、「選挙を前にして、売り上げは普通、むしろ通常の目標を達成しており、選挙がビジネスに与える影響は心配していない」と語った。

 別のベンダーは、「顧客は通常通り行動しており、これらの選挙を心配している様子はない。顧客が自宅で貯蔵するため食料を買うのに忙しかった前回の選挙に比べて、今年は市場が静かである。必需品の価格は上がらないだろう」と述べた。

関連記事
経済
カンボジアにフィンテック協会が正式に発足[経済]
(19日)
政治
ソー・ケーン副首相 選挙に勝利し、綱紀粛正を呼びかける カンボジア[政治]
(16日)
経済
バナナ農家に政府への登録を指示 カンボジア[経済]
(16日)
政治
カンボジア政府 組閣は予定を早め9月6日に[政治]
(15日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(14日)
政治
国家選挙委員会が選挙結果を公表[政治]
(14日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジア人が誇りを持てる場所を作りたい[観光・飲食]温井 和佳奈(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース