カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]

news_201806103
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンは小売業の成長が著しく、今年は11の商業施設がオープンし、総面積は昨年の22万台から37万平方メートルに増加するという。プノンペンポスト紙が報じた。

 不動産調査会社CBREカンボジアのダイレクターは、「小売業への投資熱は、人々の賃金が上がるにつれ徐々に高まっている。スーパーマーケットのような小売業への投資は、収益性が高いものの、市場への柔軟性が不可欠で、ほとんどの投資は10年以内の見直しが必要となる」と述べた。

 今年オープンする小売スペースには、ミッドタウンコミュニティモール、ブリッジコマーシャル、ダウンタウン93、ザパーク、ノロモール、プリンスセントラルプラザ、オリンピアプラザモールなどがある。

 プノンペンシティセンターのビジネス開発マネージャーは、「建設が完了していないにも関わらず、テナント部分は全て売れている。良い場所で、デザインが良ければ小売スペースへの投資はビッグビジネスとなる可能性がある」と話す。

 CBREカンボジアの報告書によると、現在、プノンペンの小売スペースの約29%がセンソック地区にあり、次いでチャムカモーン区が26%、トゥールコーク区が19%、チャバ・アンポフが13%、ドーンペン区とミーンチェイ区が6%、7マカラ区が1%と続く。

 現在、多くの商業施設が建設段階にあり、日本で人気のあるイオンモール3号店が、プノンペンの南に建設予定だ。

関連記事
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(16日)
経済
プノンペン都ダンカオ区の土地価格が急上昇[経済]
(14日)
経済
プノンペン・ダイアモンドアイランドに新しく1億ドルの高層ビル建設予定[経済]
(01日)
経済
カンボジア・カンダール州に 2つの大規模衛星都市計画を発表[経済]
(05月21日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(05月20日)
経済
中国企業がチョロイチャンバー区の土地購入 カンボジア[経済]
(05月18日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース