カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]

news_201806103
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンは小売業の成長が著しく、今年は11の商業施設がオープンし、総面積は昨年の22万台から37万平方メートルに増加するという。プノンペンポスト紙が報じた。

 不動産調査会社CBREカンボジアのダイレクターは、「小売業への投資熱は、人々の賃金が上がるにつれ徐々に高まっている。スーパーマーケットのような小売業への投資は、収益性が高いものの、市場への柔軟性が不可欠で、ほとんどの投資は10年以内の見直しが必要となる」と述べた。

 今年オープンする小売スペースには、ミッドタウンコミュニティモール、ブリッジコマーシャル、ダウンタウン93、ザパーク、ノロモール、プリンスセントラルプラザ、オリンピアプラザモールなどがある。

 プノンペンシティセンターのビジネス開発マネージャーは、「建設が完了していないにも関わらず、テナント部分は全て売れている。良い場所で、デザインが良ければ小売スペースへの投資はビッグビジネスとなる可能性がある」と話す。

 CBREカンボジアの報告書によると、現在、プノンペンの小売スペースの約29%がセンソック地区にあり、次いでチャムカモーン区が26%、トゥールコーク区が19%、チャバ・アンポフが13%、ドーンペン区とミーンチェイ区が6%、7マカラ区が1%と続く。

 現在、多くの商業施設が建設段階にあり、日本で人気のあるイオンモール3号店が、プノンペンの南に建設予定だ。

関連記事
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(13日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
経済
小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]
(07月27日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース