カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]

news_201806103
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンは小売業の成長が著しく、今年は11の商業施設がオープンし、総面積は昨年の22万台から37万平方メートルに増加するという。プノンペンポスト紙が報じた。

 不動産調査会社CBREカンボジアのダイレクターは、「小売業への投資熱は、人々の賃金が上がるにつれ徐々に高まっている。スーパーマーケットのような小売業への投資は、収益性が高いものの、市場への柔軟性が不可欠で、ほとんどの投資は10年以内の見直しが必要となる」と述べた。

 今年オープンする小売スペースには、ミッドタウンコミュニティモール、ブリッジコマーシャル、ダウンタウン93、ザパーク、ノロモール、プリンスセントラルプラザ、オリンピアプラザモールなどがある。

 プノンペンシティセンターのビジネス開発マネージャーは、「建設が完了していないにも関わらず、テナント部分は全て売れている。良い場所で、デザインが良ければ小売スペースへの投資はビッグビジネスとなる可能性がある」と話す。

 CBREカンボジアの報告書によると、現在、プノンペンの小売スペースの約29%がセンソック地区にあり、次いでチャムカモーン区が26%、トゥールコーク区が19%、チャバ・アンポフが13%、ドーンペン区とミーンチェイ区が6%、7マカラ区が1%と続く。

 現在、多くの商業施設が建設段階にあり、日本で人気のあるイオンモール3号店が、プノンペンの南に建設予定だ。

関連記事
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(11日)
経済
ハイト眞露 カンボジアでの焼酎の売上が大幅増[経済]
(07日)
経済
チップモンリテール 今後3年間でプノンペンに6つの商業施設をオープン[経済]
(01月24日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(01月08日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース