カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月14日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]

news_201805151
(c)Khmer Times

 プノンペン経済特区(PPSEZ)は、SEZ内の労働者の生活水準を向上させる取り組みとして、3000戸の住宅建設を発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 また、住宅の建設と同時に、店舗、カフェ、託児所、診療所、公園など住民の基本的ニーズを含んだSEZ内コミュニティの発展を目指すとしている。

 これは、国連開発計画(UNDP)と持続可能な開発の設計を目指す世界的NPOビル・トラスト・インターナショナルと協力して行われ、住宅デザインは国内外のデザイナー、エンジニア、建築家、学生によるコンペで行われる。

 カンボジアUNDPのナショナルディレクターは、「同プロジェクトは、再生可能エネルギー、廃棄物管理、適切な雇用、手頃な価格の住宅など、国連による持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する。目標達成には、伝統的なSEZから、よりクリーンで効率的で、環境に優しい、かつSEZ内や地域社会に必要なサービスを提供する「持続可能な」SEZへの移行が必要だ」と述べた。

 急速な都市化により、低所得労働者がプノンペンに流入しているため、手頃な価格の住宅への需要が高まっている。

 優勝者には2万ドル、2位、3位、4位、5位にはそれぞれ5000ドルの賞金が授与されるという。

関連記事
経済
カンボジアの商業物件の空室率は過去10年間で最低[経済]
(19日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(01月08日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート07-カンボジア人の住宅調査
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース