カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月14日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]

news_201805151
(c)Khmer Times

 プノンペン経済特区(PPSEZ)は、SEZ内の労働者の生活水準を向上させる取り組みとして、3000戸の住宅建設を発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 また、住宅の建設と同時に、店舗、カフェ、託児所、診療所、公園など住民の基本的ニーズを含んだSEZ内コミュニティの発展を目指すとしている。

 これは、国連開発計画(UNDP)と持続可能な開発の設計を目指す世界的NPOビル・トラスト・インターナショナルと協力して行われ、住宅デザインは国内外のデザイナー、エンジニア、建築家、学生によるコンペで行われる。

 カンボジアUNDPのナショナルディレクターは、「同プロジェクトは、再生可能エネルギー、廃棄物管理、適切な雇用、手頃な価格の住宅など、国連による持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する。目標達成には、伝統的なSEZから、よりクリーンで効率的で、環境に優しい、かつSEZ内や地域社会に必要なサービスを提供する「持続可能な」SEZへの移行が必要だ」と述べた。

 急速な都市化により、低所得労働者がプノンペンに流入しているため、手頃な価格の住宅への需要が高まっている。

 優勝者には2万ドル、2位、3位、4位、5位にはそれぞれ5000ドルの賞金が授与されるという。

関連記事
経済
プノンペン経済特区 第1四半期も収入減[経済]
(22日)
経済
カンボジア・カンダール州に 2つの大規模衛星都市計画を発表[経済]
(21日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(20日)
経済
中国企業がチョロイチャンバー区の土地購入 カンボジア[経済]
(18日)
経済
オフィススペースの需要が高まるものの、着実な供給により賃料に動き見られず カンボジア[経済]
(18日)
経済
カンボジアの不動産業界 7月の選挙後も混乱なく、好調の兆し[経済]
(08日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
特集
本音調査アンケート 調査リポート07-カンボジア人の住宅調査
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース