カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年3月19日
  • カンボジアニュース

カンボジアを始めとする大メコン圏諸国 越境交通協定の実施に合意[経済]

news_201803193
(c)Khmer Times

 ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、中国の大メコン圏(GMS)諸国の各閣僚は3月15日、第6回CBTA共同委員会で、越境交通協定(CBTA)の実施に向け合意に達した。クメールタイムズ紙が報じた。

 CBTAは、GMS内の国境検査の廃止を求める合意であり、越境時の時間削減によって商業活動を促進する。6月1日から各国間の、道路交通許可証と商用車の一時入国許可証の発行を可能にし、貨物トラック各500台の一時入国を許可する。

 閣僚はまた、2015年のASEAN経済共同体の青写真と合わせて、輸送及び貿易円滑化とGMS地域の投資ニーズに合わせるという共通の目標に向けて引き続き努力することに合意した。

 一方、カンボジア貨物運送業者協会(CAMFFA)のシン・チャンティ会長は、「CBTAにより、タイ・ミャンマー・ラオスはスムーズになる一方、カンボジアはより困難になるだろう。例えば、カンボジア企業は他のGMS諸国での保険購入ができない。またすべての国が「ワンストップショップ」制度を採用しているわけではなく、各国で通関を行う必要がある。運送会社にとっては、一段と厳しくなる」と話す。

 公共事業運輸省の広報官は、「現在、国境を超えた自由移動はバスのみであり、トラックの手続きの簡素化を願っている。我々は、輸送会社と共にすぐに、トラックの登録及び車両検査の実施を開始する」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン都内と空港を結ぶ列車サービス 運航開始[経済]
(12日)
経済
4月中旬 水上タクシーと鉄道 新たな輸送サービスが就航開始[経済]
(06日)
経済
プノンペン中心地-空港間の鉄道 今月中旬にサービス開始[経済]
(04日)
社会
水上タクシーサービス 4月上旬に開始 プノンペン[社会]
(03月16日)
日系
カンボジア 国際航路協会日本部会への入会を検討[日系]
(03月11日)
経済
民間セクター カンボジアの高い物流コストに警告[経済]
(02月18日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース