カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月31日
  • カンボジアニュース

急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]

news_201712314
(c)Khmer Times

 カンボジアは、急速な人口増加、首都圏の都市化、経済成長に対応するために、さらに住宅が必要だと政府関係者は述べている。クメールタイムズ紙が報じた。

 国土整備・都市化・建設省(MLMUPC)の国務長官によると、2015年から2030年にかけて、人口の増加と社会経済成長に合わせ約80万の住宅が必要になるという。同氏によると、2014年の都市部の人口は450万人、カンボジア全体人口の27.1%であり、2030年には792万人、全体人口の44%に達するという。

 最近発表された世界銀行の報告書によると、過去10年間におけるプノンペンの急速な都市化は、雇用創出、貧困削減をもたらしたが、都市計画・管理・インフラ整備が必要だとも指摘されている

 センチュリー21メコンのCEO、 チレク・ソクニム氏は、「都市中心部の土地価格は既に高いため、郊外に手頃な価格のプロジェクトを開発することは、低中所得者にとって良いことだ」と述べた。

 世界銀行の調査によると、カンボジアの都市拡大の平均率は地域においてラオスに次ぐ第2位となっているが、人口密度はラオスに比べてかなり高くなっている。

関連記事
経済
超高層ビル建設計画 再び浮上プノンペン[経済]
(05日)
日系
カンボジアに世界貿易センター プノンペンで起工式開催[日系]
(01月31日)
経済
建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]
(01月19日)
社会
カンボジアの道路の半分以上が「粗悪」と分類 公共事業運輸省[社会]
(12月19日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース