カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月18日
  • カンボジアニュース

サタパナ銀行 新本社を2020年までに建設 カンボジア[経済]

 国営通信社AKPによると、日本の大手パチンコ店グループ・マルハンのグループ会社、サタパナ銀行は6000万ドルを投じ、2020年までにプノンペン中心部に22階建ての新本社を建設する予定だという。プノンペンポスト紙が報じた。

 マルハンジャパングループ代表取締役会長の韓昌祐(ハン・チャンウ)氏は14日、フン・セン首相と面会し、日本からのカンボジアへの投資を再確認した後、新本社の建設を発表した。2016年に日系商業銀行マルハンジャパン銀行は、マイクロファイナンス機関サタパナ社と統合している。

 同行は現在、カンボジア全域に168の支店を持ち、9月末時点で10億ドル以上の登録資産を保有している。

関連記事
政治
追放の政治評論家 帰国を模索 カンボジア[政治]
(15日)
社会
カンタボパ小児病院に資金を提供 カンボジア[社会]
(14日)
経済
世界的ブランド企業 カンボジア投資拡大に関心 [経済]
(13日)
観光
バンブートレイン 観光客と住民に人気[観光]
(12日)
経済
日本からの投資を熱望 カンボジア[経済]
(11日)
経済
カンボジア国立銀行 モバイルローン 注意喚起[経済]
(09日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険]シン・チャン・モー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース