カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月18日
  • カンボジアニュース

サタパナ銀行 新本社を2020年までに建設 カンボジア[経済]

 国営通信社AKPによると、日本の大手パチンコ店グループ・マルハンのグループ会社、サタパナ銀行は6000万ドルを投じ、2020年までにプノンペン中心部に22階建ての新本社を建設する予定だという。プノンペンポスト紙が報じた。

 マルハンジャパングループ代表取締役会長の韓昌祐(ハン・チャンウ)氏は14日、フン・セン首相と面会し、日本からのカンボジアへの投資を再確認した後、新本社の建設を発表した。2016年に日系商業銀行マルハンジャパン銀行は、マイクロファイナンス機関サタパナ社と統合している。

 同行は現在、カンボジア全域に168の支店を持ち、9月末時点で10億ドル以上の登録資産を保有している。

関連記事
経済
中国企業 発電所と衛生技術への投資計画発表 カンボジア[経済]
(18日)
社会
カンボジア王室からカンタボパ小児病院に100万ドルの恩賜[社会]
(12日)
観光
アンコールワットの入場チケット収入 今年上半期18%増加[観光]
(02日)
経済
SIMカード利用者登録 7月1日が最終日 カンボジア[経済]
(01日)
経済
カンボジア農村開発銀行 需要高の香り米の栽培を促進[経済]
(01日)
労働
海外で働くカンボジア人労働者の支援を継続する フン・セン首相[労働]
(06月30日)
あわせて読みたい
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース