カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月9日
  • カンボジアニュース

ジャポニカ米の品種研究のため 中国と覚書締結[経済]

news_201712084
(c)Khmer Times

 カンボジア農林水産省によると、中国から稲の研究の支援に関する覚書を取り交わす予定だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 両国間で交渉されている覚書は、ジャポニカ米として知られている稲の品種の研究を行うためのもので、最終的な目標は、カンボジアで多様なコメを栽培し中国へ輸出することである。

 農林水産省の担当局長は、「この協定は、カンボジアでジャポニカ米を栽培するのに必要な研究を行うのに役立つだろう。ジャポニカ米は中国北部で非常に人気があり、中国北部への輸出拡大を支援する重要な一歩である」と語った。

関連記事
経済
残留農薬 検査可能に カンボジア[経済]
(11日)
経済
中国系ベンチャー 3万トンのバナナ輸出へ カンボジア[経済]
(08日)
経済
農林水産省 被害農家へコメ提供 カンボジア[経済]
(07日)
観光
開発進むプレアシアヌーク 観光業に影響か カンボジア[観光]
(05日)
経済
中国 カンボジア不動産業界を牽引[経済]
(09月28日)
経済
米国 カンボジア農業ビジネスに進出か [経済]
(09月28日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース