カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月25日
  • カンボジアニュース

経済財務省 ミニマム税免除のガイドラインを発表[経済]

news_201707253
(c)Phnom Penh Post

 毎月の売上に応じて支払うミニマム税1%の免除を政府が発表した1年後、経済財政省は免除対象者についてのガイドラインを発表した。

 毎月のミニマム税1%は、利益率の低い小売業者や縫製業者には負担と見なされている。

 7月4日に公布された経済財政省令によれば、会計原則に従う納税者だけが免除申請を許可されるといい、免除対象とならない行為として、適切な請求書を発行しない、重大な過失を犯す、脱税に従事するなどが含まれる。さらに、年の売上が50万ドルを超える納税者や75万ドルの資産を持つ対象者、または従業員100人を超える企業は、第三者の財務監査を受ける必要がある。また、ミニマム税を免除された事業者は替わって毎月法人税の1%を前払いが義務とされている。

 税務関係の専門家らからは、強制力の弱い会計原則の遵守に繋がり、また、中規模および大規模企業に、独立監査の実施を促すことで、免除要件の透明性が高まると評価する声がある一方、ミニマム税を免除されても毎月法人税の1%を前払いが義務となっているこから、省令の経済効果には疑問点の声も上っている。

関連記事
経済
カンボジア租税総局 印紙税の納税期限延長を発表[経済]
(11日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(11日)
経済
関税当局は密輸を撲滅するためのヘリコプターを保有 カンボジア[経済]
(06月27日)
社会
石油価格の高騰を受け7月から減税を実施 カンボジア[経済]
(06月25日)
経済
カンボジア政府 低コスト住宅プロジェクトに税制優遇[経済]
(06月22日)
経済
石油生産事業者に免税とインセンティブを与える閣僚会議令 カンボジア[経済]
(06月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
業界
カンボジアの税務制度は変革期にある[法務・税務・会計]マック・ブラタナ、 ドゥク・ダリン
業界
有用性のある事前調査、プランニングが大切 [法務・税務・会計] 宮田智広
業界
税務当局による企業実態把握への取り組みが進んでいる[法務・税務・会計] 本庄谷由紀
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース