カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月6日
  • カンボジアニュース

クメールの伝統的なデザインによる建築を望む カンボジア建設省[経済]

news_201606061
(c)Phnom Penh Post

 政府はクメールの伝統的なデザインによる建築を望んでいる。プノンペンポスト紙が報じた。

 国土整備・都市化・建設省長官は、カンボジアは建設業において投資に対する規制が無く、投資家の思い通りに建設ビジョンが実現できるとした。

 同省は、政策立案のようにできる限りカンボジアのアイデンティティを象徴する建物の建築を望むと言い、投資家が建設免許の申請をした際には、同省は伝統的なカンボジアのデザインの要素を含めるよう促していくという。しかし、同省には伝統的なクメールデザインを含めると規定された法律が無いため、投資家が受け入れなくても問題にはならない。

 文化芸術省の広報官は、建設に関連する法律は同省の所管ではないが、弁護士の下で進められる建設プロジェクトは全て同省が監督する権限があると説明。

 また同氏は、民間及び公共の開発はプノンペンだけでなく、他の地方においても数十倍に増加していると話し、公共の建物はエレベーターといった現代的な建設資材を備えつつもカンボジアのアイデンティティを更に含める必要があると主張した。

 カンボジア不動産協会のVan Chanthorn副会長によると、アジアやアジア太平洋地域の人々は現代的住居に住むことを好むという。対して、西洋諸国の40代以上の人々の99%はカンボジア人のような生活を求めるため、伝統的または古典的なスタイル、とくにフランス植民地時代の木製の住居を好むと説明する。

関連記事
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
社会
カンボジアの道路の半分以上が「粗悪」と分類 公共事業運輸省[社会]
(12月19日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
あわせて読みたい
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース