カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月19日
  • カンボジアニュース

中国企業 カンボジア鉄道の開発着手へ[経済]

 プノンペンからシェムリアップ、そしてベトナムの国境に向かう新しい鉄道は、中国企業2社の支援を受けた新計画の下で建設される予定だ。カンボジアデイリー紙が伝えた。

 カンボジアの既存の線路の改修は、中国鉄道建設株式会社の子会社である中鉄17局集団有限公司(China Railway 17 Bureau Group)とサイノグレートウォール・インターナショナル・エンジニアリングがプロジェクトの建設と資金調達の支援を約束した後にも実施される見込みだ。

 コングロマリット企業、ロイヤルグループのキット・メン会長は、中国の一帯一路イニシアチブに関する会談のために北京を訪問した際、2社との間で覚書を締結したと述べている。3社は、「カンボジアの鉄道の建設と投資に協力することに合意した」と述べ、開発の詳細について引き続き議論するという。

 プノンペンからの新たな鉄道線路に加え、同契約書は首都からシアヌークビルまでの既存ルートを補完する高速鉄道が建設されるとも述べており、プノンペンとタイ国境の間のルートの完成を含む、国の2つの既存道路への改修も検討されている。

 契約書には、各社のコスト、タイムライン、また各会社の役割の詳細は記載されていない。

 16日、ロイヤルグループの子会社であるロイヤル鉄道のジョン・ガーリーCEOは詳細は未定としながらも、「カンボジアは輸送コストが高いことで知られており、鉄道のような低コストのオプションで改善の余地が十分に残っている」と述べた。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
カンボジアの選挙特需 地元印刷業者が大忙し[経済]
(29日)
労働
カンボジアの家事労働者 6月にマレーシアへ再派遣[労働]
(29日)
経済
カンボジア 情報技術協定の採択で更なる経済成長を狙う[経済]
(27日)
社会
土地紛争でプノンペンにやってきた住民たち 行進を拒否される[社会]
(25日)
経済
世界経済の影響を受け カンボジアの天然ゴム価格下落[経済]
(25日)
経済
カンボジア政府 中国にビジネスセンター開設[経済]
(23日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング