カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月11日
  • カンボジアニュース

アクレダ銀行 ラオスとミャンマーの市場で事業が好調[経済]

 アクレダ銀行のラオスとミャンマーにおける海外事業は、昨年は大幅な純利益を記録し、2017年の第1四半期も好調に推移している。プノンペンポスト紙が報じた。

 アクレダ銀行は、2008年にラオスに、2013年にはミャンマーに進出しており、現在はラオスに41支店とミャンマーにはマイクロファイナンスの6支店を持つ。

 アクレダ銀行のソー・フォナリー副社長は、「第1四半期末までにラオスの融資残高は17%増加し、1億400万ドルから1億2300万ドルに増加した」と述べた。ミャンマーのマイクロファイナンス貸出金融資産は、同期間中に約850万ドルから1570万ドルに倍増し、「アクレダのラオスとミャンマーでの事業は昨年も好調を維持し、2017年には引き続き拡大する予定だ。2016年のラオスの純利益は411万ドルに達した一方で、ミャンマーの純利益は110万ドルだった」と同氏は付け加えた。

 ソー副社長によれば、ラオスの金融セクターは非常に競争力があり、アクレダ銀行は42行以上の商業銀行、142社のマイクロファイナンス機関の競合がいるという。また、ミャンマーのマイクロファイナンス事業は、3月末時点で合計169社が競争の中で、アクレダ銀行がマーケットリーダーとして位置づけられているという。

関連記事
経済
アクレダ銀行の株主ASA カンボジア証券取引所に上場予定[経済]
(07月21日)
観光
アクレダ銀行など6金融機関 観光分野の教育資金に融資[観光]
(07月14日)
経済
アクレダ銀行 全支店の完全デジタル化に取り組む カンボジア[経済]
(06月02日)
経済
カンボジア-ラオス-ベトナムの開発三角地域 貿易協定を批准[経済]
(02月17日)
経済
2017年 リエル需要の高まりにより、約9億ドル分を市場に注入[経済]
(01月09日)
経済
カンボジア、ベトナム、ラオス間で貿易、観光、農業の協力関係を強化[経済]
(12月23日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
カンボジアの銀行はより強く、より信頼度が高くなる[金融]ソー・フォナリー
業界
カンボジア最大の銀行、アクレダ銀行[金融]イン・チャンニー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース