カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月30日
  • カンボジアニュース

欧米スタイルの24時間スーパーマーケット プノンペンで支店拡大[経済]

news_201703314
(c)Phnom Penh Post

 2015年に出店した西洋スタイルの24時間営業のスーパーマーケット、スーパー・デュパーが、6月に2号店をプノンペンに開設する。プノンペンポスト紙が報じた。

 スーパー・デュパーは地元や輸入食料品の幅広い需要に対応しているのが特徴。

 同社オーナーは、首都圏にあるラッキー、バイヨン、タイフート等、他のスーパーマーケットチェーンの存在にもかかわらず、依然として欧米スタイルのスーパーマーケットへの需要が供給を上回っていると自信をみせ、「今後数年間プノンペン全域に支店を2店舗増設する計画である」と述べた。

 現在、スーパーマーケット部門は不足しており、また近代的な食料品店が首都全体に薄く広がっている。

 不動産会社CBREカンボジアのジェームス・ホッジ氏は、「所得が増え、中産階級が拡大するにつれて、利便性に優れ、良質な商品を提供するスーパーマーケットに対する需要が増加する。競争が激化するにつれて事業者が差別化を図る必要がある」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(23日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
社会
建設中の建物内部で労働者が生活することを禁ずる カンボジア[社会]
(07月08日)
経済
都内のコンビニエンスストアの店舗数が伸びている カンボジア[経済]
(07月05日)
社会
ビル倒壊事故の被害者への寄付金が251万ドル集まる カンボジア[社会]
(06月28日)
社会
デタラメなクメール語看板を391枚撤去 シアヌークビル[社会]
(06月04日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジア人が誇りを持てる場所を作りたい[観光・飲食]温井 和佳奈(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース