カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2017年3月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア-ラオス 航空便増加へ[観光]

news_201703243
(c)Khmer Times

 月曜日、カンボジアとラオスは両国の観光促進を目的に航空便の増加を奨励するための契約を結んだ。クメールタイムズ紙が報じた。

 現在、カンボジアとラオス間には、アンコール航空、ラオス国営航空、ベトナム航空の3社により運航されている。現在週に21便の運航が、今回の新しい合意により週30便に増加する見通しだ。

 二国間における乗客数は昨年5%増加し、17万8000人となったが、さらに来年までに20万人を突破することが期待されるという。

 観光省によると、2017年の1、2月でカンボジアを訪れた観光客のうち、6万5675人はラオスからであり、これは昨年と比較すると64.5%の増加だという。

関連記事
観光
インドLCCがニューデリーとプノンペンの直行便を今年後半に運行[観光]
(07月23日)
観光
タオン・コン観光大臣、ゼロドル観光の企業を非難[観光]
(07月16日)
観光
アンコール遺跡群のチケット売上、今年上半期は減少 カンボジア[観光]
(07月02日)
観光
インドネシア・ジャカルタからの初の直行便がプノンペンに着陸[観光]
(06月24日)
観光
旅行代理店13社が中国からライセンス付与 カンボジア[観光]
(05月21日)
観光
シハモニ国王誕生日の観光客数が急増 カンボジア[観光]
(05月16日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
カンボジアのシリコンバレー
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース