カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア初の海底ケーブルが発足[経済]

news_201703171-1
(c)Khmer Times

 カンボジア初の海底通信ケーブルに1億ドルを要したことが正式に発表された。これにより既存のインターネット容量を強化し、低コストで接続速度を大幅に向上できるようになる。クメールタイムズ紙が報じた。

 長さ1300キロメートルの光ファイバーケーブルシステムは、イージーコムの子会社であるテレコテック、マレーシアのテレコムマレーシア、タイのシンフォニーコミュニケーションとの合弁会社でMCT(マレーシア、カンボジア、タイ)ケーブルと呼ばれ、少なくとも30テラビット/秒の容量を備える。

 イージーコムのCEOによると、「この1億ドルの合弁事業により、より高速で信頼性の高いインターネット速度が可能となる」と述べた。

 このプロジェクトは、ASEANの統一の精神の下で行われ、多国籍の企業間での協力による成功をはっきりと強調しており、カンボジア電気通信規制機関(Telecommunication Regulator of Cambodia=TRC)のモア・チャクリャ会長は、「カンボジアは現在、地上線を介して近隣諸国に接続されており、新しい海底ケーブルはインターネット速度を向上させ、コストを削減する」と語った。

関連記事
社会
水祭りに備え 可動性のある携帯電話基地局の配備を要請[社会]
(10月17日)
経済
携帯電話会社に全加入者の登録を要請 カンボジア電気通信規制機関[経済]
(08月23日)
社会
クメール・ルージュの歴史を学ぶアプリ さらなる展開を目指す[社会]
(07月27日)
経済
インドシナ地域の大手広告代理店 カンボジアでブランドを立ち上げ[経済]
(07月04日)
法律
カンボジア サイバー犯罪の法律策定を急ぐ[法律]
(07月03日)
経済
携帯電話使用で課金される追加料金 加入者からは不満の声 カンボジア[経済]
(07月02日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
TV広告はいまだ最も強い広告媒体 [マーケティング・メディア] トーチ・チャンセレイヴス
業界
通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース