カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア初の海底ケーブルが発足[経済]

news_201703171-1
(c)Khmer Times

 カンボジア初の海底通信ケーブルに1億ドルを要したことが正式に発表された。これにより既存のインターネット容量を強化し、低コストで接続速度を大幅に向上できるようになる。クメールタイムズ紙が報じた。

 長さ1300キロメートルの光ファイバーケーブルシステムは、イージーコムの子会社であるテレコテック、マレーシアのテレコムマレーシア、タイのシンフォニーコミュニケーションとの合弁会社でMCT(マレーシア、カンボジア、タイ)ケーブルと呼ばれ、少なくとも30テラビット/秒の容量を備える。

 イージーコムのCEOによると、「この1億ドルの合弁事業により、より高速で信頼性の高いインターネット速度が可能となる」と述べた。

 このプロジェクトは、ASEANの統一の精神の下で行われ、多国籍の企業間での協力による成功をはっきりと強調しており、カンボジア電気通信規制機関(Telecommunication Regulator of Cambodia=TRC)のモア・チャクリャ会長は、「カンボジアは現在、地上線を介して近隣諸国に接続されており、新しい海底ケーブルはインターネット速度を向上させ、コストを削減する」と語った。

関連記事
経済
カンボジアのSIMカード発行数、人口を上回る[経済]
(07月26日)
経済
カンボジアは今後7年間でキャッシュレス決済が劇的に増加と予測[経済]
(06月07日)
経済
1410万人がインターネットにアクセス カンボジア[経済]
(05月20日)
経済
現地インターネットサービスプロバイダーがG-PONを採用 カンボジア[経済]
(03月21日)
経済
カンボジアが目指すデジタル経済は時間を要する オーン経済財政大臣[経済]
(03月13日)
経済
中国企業 カンボジアと香港を結ぶ海底ケーブルに投資[経済]
(01月22日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
高品質コンテンツの作成には人材投資が必要[マーケティング・メディア]チー・セラ
業界
最新技術に驚くほど速く追いついている [IT・通信]ソク・チャンダ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース