カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月8日
  • カンボジアニュース

中国の最大手建設機械企業、カンボジアでの事業拡大へ[経済]

 建設機械の輸出入を行う大手中国企業、徐州建設機械グループは、11月4日、カンボジアでの事業拡大を発表した。

 徐州建設機械グループは1989年に設立され、杭打ち機械やコンクリート機械、ホイスト、地ならし、道路建設やメンテナンスなどの建設機械を多く生産し、中国で最大の建設機械会社である。

 同社のアジア太平洋地域における輸出入部門のダイレクターは、「我々は中国で最大であり、製品はワールドクラスだ。2014年にプノンペン事務所を開設し、890万ドルの収益を獲得した」と述べ、「会社の次なるステップとして、カンボジア開発のため、他の建設機械を輸入し、さらに2017年にはバッタンバンコンポンチャムで2つの事務所をオープンさせる」と話した。

 また同社の室長は、「地ならし機械、道路建設機械、コンクリート機械、杭打ち機械、大型トラックなどは既にカンボジアで扱っており、来年は、水平掘削リグやクレーンなどの製品を輸入する。また、灌漑の構築に建設機械が必要とされており、今後は農業に焦点を当てる。カンボジアはインフラを欠いており、いくつかの建設会社と協力する予定だ」とクメール・タイム紙に語っている。

関連記事
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
中国企業 カンボジア政府から天然ゴムの輸入強化へ[経済]
(06日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(04日)
経済
中国製スマートフォンMeizu Pro 7 カムフォンから販売開始[経済]
(08月30日)
経済
プノンペンは道路からスモールビジネスを一掃する見通し[経済]
(08月11日)
経済
泰文隆ツインタワー 建設開始スケジュールが押している[経済]
(08月07日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース