カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月23日
  • カンボジアニュース

カンボジア、依然としてドル支配が続く[経済]

news_201610231 (1)
(c)Khmer Times

 10月21日に発表された独立行政法人国際協力機構(JICA)とカンボジア国立銀行(NBC)の共同調査によると、依然として米ドルが金融取引を支配しており、リエルの使用が制限されているという。調査対象は、2014年から2015年までの世帯や企業、両替所、金融機関など。

 家計では、所得のうち最もドル使用が大きいのは賃金で、家賃と電話料金以外のほとんどの支出はリエルで行われており、また、商品やサービスの支払いのため、ドルをリエルに両替する頻度が高かった。

 一方、企業や金融機関は圧倒的にドルを好み、プノンペンやシェムリアップの収入と支出の65%以上はドルだった。預金・融資は共に、ドルはプノンペンなどの都市部で利用され、農村部ではリエルの人気があった。

 また、金融機関の利用促進は過去20年間に渡り実施されてきたが、カンボジア人の大半は銀行口座を持っていなかった。

 両替所では、リエルはドル、タイバーツ、ベトナムドンに次いで日常的に交換されている通貨で、約3億4400万ドル分のリエルが、毎日買われている。

 JICAの上級研究員は、「12月か1月にフォローアップ調査を実施する。現地通貨を使用する人々の認識を変えるには時間がかかる。しかし我々が出来ることは金融リテラシーを提供し、使用通貨を変更することだ」と述べた。

 NBCのチア・セレイ総局長は、「調査結果は現地通貨の利用促進に良い影響を与えるであろう」と述べ、経済研究と国際協力部門のディレクターは、「2010年以降、プノンペン以外の多くで、毎年20%以上リエルの使用が増加している」と話した。

関連記事
経済
金融犯罪に対抗する新たな合意に署名 カンボジア国立銀行[経済]
(05月16日)
日系
草の根技術協力事業で約38万5000ドルを支援 カンボジア[日系]
(03月06日)
社会
日本の支援でプノンペンに下水処理施設の建設[社会]
(02月14日)
経済
越境取引において リエルの使用を促進[経済]
(10月27日)
日系
JICA プノンペンでの洪水を改善に取り組む[日系]
(10月05日)
日系
JICA エンジニアリング教育の強化に向け、カンボジア工科大学と合意[日系]
(09月28日)
あわせて読みたい
注目
プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転
注目
商品、サービス、支店網の拡大を通じてより身近な銀行に~開業10周年を迎えるプノンペン商業銀行~
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース