カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月25日
  • カンボジアニュース

2016年上半期、ベトナムからカンボジアへの直接投資、ほぼゼロ[経済]

news_201609252
(c)Khmer Times

 べトナムからカンボジアへの直接投資額が、今年上半期でほとんどゼロだったとカンボジア開発評議会(CDC)が明らかにした。クメールタイムズ紙が報じた。

 CDC副議長のチア・ブッティー氏によれば、1994年から2015年までのベトナムからの投資額は17億6000万ドルだった一方、今年上半期の投資の流入は無かった。チア氏は、「我々は少し戸惑っている。互いのビジネス関係が発展し、下半期には投資流入がることを祈っている」と述べた。

 現在、ベトナムはカンボジアへの投資額で中国、韓国、EU、マレーシアに続く第5位となっている。2020年までに投資額は60億ドルに到達すると予想されている。

 対カンボジアベトナム投資家協会(AVIC)の代表は、「今年CDCから認可された投資案件はわずか4件だった。承認を待つ案件は他にもある」と語っている。

 ベトナム経済政策研究機関の代表は、「ベトナム人投資家はカンボジアの農業セクターに投資したいと考えている。しかし農産物の国際価格が下落すれば、損失を恐れて投資に後ろ向きになるだろう」と話した。

 2015年時点のベトナム・カンボジアの二国間貿易は33億7000万ドルで、対ベトナム輸出額は9億5400万ドル、輸入額は24億1000万ドルだった。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース