カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月19日
  • カンボジアニュース

ゴールドタワー42建設計画、進行せずとも投資家から注目集める[経済]

news_201609191
(c)Phnom Penh Post

 潜在投資家がゴールドタワー42の建設計画の引継ぎを熱望しているとの情報を受け、国土整備・都市化・建設省のペン・ソパル長官は、「我が省は当該建設計画の完遂を命じるだけの法的枠組みを十分に持っているが、より多くの海外投資家を集めるためにもソフトなアプローチが必要だ」と述べている。プノンペンポスト紙によれば、その法的枠組みの詳細などについては詳しく語られなかった。

 CPL代表のチェイン・ケイン氏は当該建設計画に関し、「竣工の見込みがなくとも、ロケーションが非常に良いというだけで計画を買収したいと思える」と話す。

 カンボジア不動産協会のキム・へアン会長は、投資家たちはこの未完計画に注目しつつも、政府とヨンウー・カンボジアとの問題が未解決のため躊躇していると語る。同氏は、「建設省と経済財政省は共同して問題の解決にあたるべき。もしこれが売りに出されればすぐに買い手がつくだろう」と述べた。

 ゴールドタワー42は高さ192メートルのカンボジアで最も高い建築物として2008年に始まった建設計画。2009年に建設が停止して以降、数年間停止と再開を繰り返してきた経緯がある。

関連記事
経済
今後5年間の不動産業界の成長を予測 カンボジア[経済]
(06日)
経済
シンガポール系の不動産グループ カンボジア市場参入[経済]
(05月03日)
経済
ボンケンコン1地区で日本投資の新たなコンドミニアム着工[経済]
(05月01日)
経済
今年第2四半期のコンドミニアムの供給がわずかに上昇 カンボジア[経済]
(09月01日)
経済
建設プロジェクト 今年前半期で総額49億ドルと好調[経済]
(07月17日)
経済
10年の時を経て ゴールドタワー42の建設再開 カンボジア[経済]
(02月01日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース