カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月15日
  • カンボジアニュース

カンボジアの家電製品の売上額が徐々に増加[経済]

news_201609152
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア人の収入増加と支払い方法の選択肢が広がったことにより、家電製品への出費が徐々に増加していると、プノンペンポスト紙が報じた。

 ドイツ系マーケットリサーチ会社のGfKによれば、売上額の伸び率は緩やかであるものの、カンボジアにおける家電製品の総売上額は1億2000万ドルにまで上昇しているという。

 また、分割払いなど支払い方法の選択肢が増えたことで、今年の大型家電製品需要が10%増加する同社は予想している。

 LGエレクトロニクスのカンボジアパートナーであるG-Gear社の役員は、「中間所得層の増加と、新築物件の増加が要因」と語っており、「家電製品の価格は徐々に低下し、電気供給は拡大しつつある」と、家電製品の展望を期待の目で見ている。

関連記事
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
経済
小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]
(07月27日)
経済
カンボジアでのVISAカードによる取引総額 前年度比30%増[経済]
(06月26日)
経済
イオンモール カンボジアで2号店目 待望のグランドオープン[経済]
(06月21日)
経済
カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]
(06月10日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(05月20日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
激化する和食店サバイバルinプノンペン食材流通が語る「生き残るための秘訣』2/2
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース