カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月13日
  • カンボジアニュース

建設・不動産セクターへの投資額1位は中国、日本は3位[経済]

news_201609131
(c)Khmer Times

 国土整備・都市化・建設省が最近発表した報告書によれば、2000年から今年8月までで、18カ国による投資額は約43億ドルにのぼった。これはカンボジアの284件の建設・不動産プロジェクトへ費やされ、中国からの投資額が最も多かったという。

 同報告書によれば、第2位は韓国、第3位は日本だった。

 ラッキーリアルティのマネージングダイレクターであるディット・チャンナ氏は、「過去数年、中国人投資家からの首都における不動産セクターへの資金注入は大規模だった。また日本と韓国も同様にアクティブである」と語った。

 センチュリー21メコンCEOのチレク・ソクニム氏も、「カンボジアの不動産セクターは利益を引き出すには健全なので、中国に限らず多くの国の投資家がやってくる。日本に関しては、日系大企業が進出してきているため、将来的に第2位にランクアップすることを期待している」と話した。

関連記事
社会
カンボジア建設省、土地問題の進展について国連と会談[社会]
(10日)
経済
カンボジア国立銀行、不動産部門の成長は減速すると予測[経済]
(04月26日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース