カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月24日
  • カンボジアニュース

プノンペン自治港、2016年第1四半期は純利益26%増[経済]

 プノンペン自治港(PPAP)は、今年の第1四半期において、売上高と純利益、両方の増加を6月21日カンボジア証券取引所(CSX)で報告した。

 2016年第1四半期の収益合計は前年同期に比べて35万4000ドル、10%増の3870万ドルに達し、純利益は26%増の90万1000ドルだった。

 PPAPのヘイ・バビー総裁はこの結果について、「貿易や海運におけるカンボジアの力強い経済成長を挙げ、今年は9~10%の年間成長率を達成するだろう」と予測している。

 CSXによると、PPAPの主要な収入源は、39.5%を占める船内荷役、30.4%の積み降ろし船、そして残りが、ポートオペレーターとしての役割だったと言う。

 PPAPは、昨年末に新規株式公開(IPO)で520万ドルを調達した後、三番目の上場企業となり、同社の株式は、6月21日時点で20リエルアップの5460リエルだった。

関連記事
未分類
カンボジア証券取引所 アプリの導入で過去最高の取引額を記録[経済]
(22日)
経済
シアヌークビル自治港 新ターミナル建設を発表[経済]
(16日)
経済
カンボジア証券取引委員会 集団投資スキームに関するライセンスを発表[経済]
(16日)
経済
電力インフラ会社ぺステック・カンボジア 上場まもなく[経済]
(08日)
経済
カンボジア証券取引所 モバイル取引プラットフォーム開始[経済]
(06日)
経済
カンボジア証券取引所の上場企業3社 第1四半期の財務諸表提出[経済]
(05月28日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース