カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年4月5日
  • カンボジアニュース

サタパナマイクロファイナンスが合弁手続き完了[経済]

news_20160405
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア第3位のマイクロファイナンス機関(MFI)、サタパナがマルハン・ジャパン銀行との合併手続きを完了した。

 プノンペンポスト紙によると、サタパナのCEO、ブン・モニー氏は、全ての株主の合意が必要であり、手続に12か月、カンボジア中央銀行(NBC)の承認を得るのに3、4か月と道程は容易では無かったが、今後は商業銀行のサービスを提供しながらマイクロファイナンスのサービスを継続し、国内外への融資に強みを見せたいと述べる。

 サタパナは1995年にNGOとして設立され、2003年にMFIのライセンスを取得した企業で、2008年にカンボジアで創業したマルハン・ジャパン銀行が2012年にサタパナの95%のシェアを取得している。

 合併に伴い、資本金1億2000万USD、総資産7億2200万USD、貸付金額5億3300USD、預金総額3億6700万USDとなり、国内で160支店を持つ。

 急成長をしている金融業界の競争の激化は、近年、金融機関同士の統合に繋がっている。最近では今年1月、タイのアユタヤ銀行がカンボジア第4位のMFIハッタ・カクセカーを1億4000万USDで買収する合意に達し、現在NBCの承認待ちである。

 カンボジアでは、先月NBCにより金融機関の最低資本金の引き上げが発表され、商業銀行と専門銀行は、それぞれ2倍の7500万USDと1500万USDへ、預金行為を行うMFIは250万USDから3000万USDへ、MFIは約6万USDから150万USDとなる。

関連記事
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(11月16日)
経済
地方の中小企業への融資を拡大 カンボジア[経済]
(11月04日)
経済
世界的ブランド企業 カンボジア投資拡大に関心 [経済]
(10月13日)
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(10月13日)
経済
カンボジア国立銀行と国際通貨基金が議論 カンボジア[経済]
(09月23日)
経済
カンボジア国立銀行 新しい金融リテラシーキャンペーンを発表 カンボジア[経済]
(09月19日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース