カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年3月28日
  • カンボジアニュース

カンボジアでの金価格は史上最高値に接近[経済]

news_20160328_mini
(c)Khmer Times

 金の取引価格が上昇している。

 プノンペン最大の宝飾店の1つ、ヘン・チャイ・ティスジュエリーでは、1ドムラン(カンボジアでの金取引単位、1ドムラン=37.5グラム)あたり約1500ドル、商業省によると今年初めに比べて最大4.67%増の1456ドル、3月10日には1ドムランにつき1472ドルであった。

 宝飾店オーナーのヘン・チャイ・ティス氏によると、国内取引は投機目的というよりクメール正月やプチュンバン(盆)で指輪やネックレスなど個人の装飾品としての購入が目的だとクメールタイム紙の取材で話した。

 同紙によると、プノンペンで両替所を複数所有するリーホー社のシエン・リム氏、アクレダ銀行の副最高経営責任者フォーナリー氏は共に、金価格はロンドンの国際市場に基づいており、米国通貨の価値低下やオイルの価格下げが金価格の上昇・減少に関連しないと述べている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース