カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月10日
  • カンボジアニュース

舞い戻ってきたいすゞ 5年後のシェア30%を目指す カンボジア[経済]

news_201702101
(c)Khmer Times

 いすゞは10年前、SUVや軽自動車においてカンボジアで有名ブランドの一つだったが、その後ブランドは消え去り、今また戻ってきている。クメールタイムズ紙が報じた。

 いすゞのカンボジア・ラオスの駐在員事務所の小田垣曜(あきら)氏は、「いすゞはカンボジアに大きな可能性を見ている。ここ5年で約30%のシェアを獲得できると確信している」と語る。

 いすゞの市場シェアについて同氏は、「ターゲットとする上中階級の消費者はほとんどがプノンペンにいます。しかし、我々は高級車の市場規模はそれほど大きくないと考えてる。車の使用状況や国の道路状況を考慮すると、SUVの販売が好調に推移するだろう」と付け加えた。

 昨年は約7000台の新車がカンボジアに輸入されているが、カンボジアよりも人口の少ないラオスは2万7000台の新車を輸入している。カンボジアの新車輸入車数が少ない理由は、未規制の中古車市場が存在しており、昨年7万台の中古車を輸入している。一方、ラオス政府は数年前に中古車の輸入を制限している。

関連記事
経済
来年から輸出コストの引き下げ カンボジア[経済]
(11月11日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(10月17日)
日系
日本のNACCSセンター 自動化税関プラットフォームの提供が期待[日系]
(09月11日)
社会
車検切れ自動車 15万台にのぼる カンボジア運輸省[社会]
(07月29日)
経済
ロシア最大の自動車会社 カンボジアでの専売店の設立に向け契約[経済]
(07月19日)
経済
ナンバープレートにQRコード 2017年末までに実施目指す[経済]
(06月26日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
業界
カンボジアの物流業、参入分野を選んでターゲットを明確にすればチャンスはある[運輸・物流]コウ・ペン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
カンボジアで検品・物流のワンストップサービス、大森&トーマス[運輸・物流]山崎豊 (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース