カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2020年12月11日
  • カンボジアニュース

来年のための観光事業の営業ライセンスの更新料金を免除 カンボジア[観光]


カンボジアは1~10月にかけて130万人の海外旅行者を迎えたが、前年同期比で76.1%減少した。(c)Heng Chivoan

 観光省は、来年の観光事業ライセンスの更新料金を免除すると発表した。

 同省によると、来年の観光事のあらゆるタイプのライセンス更新料は免除されるものの、更新の申請そのものは例年どおり必要だとしている。また、来年新たに観光ライセンスを取得しようとする場合は通常の料金を支払う必要があるほか、期限切れのライセンスを持つ事業者は依然として金銭的な罰則の対象になるとした。

 カンボジアでは、旅行代理店やツアーオペレーター、宿泊施設、娯楽施設、飲食店などは観光省の営業ライセンスが必要となる。

 新型コロナウイルスの感染拡大により観光業界は経済的に深刻な影響を受けており、観光省の報告によると、カンボジアは1~10月にかけて合計126万7890人の海外旅行者を受け入れたが、前年同期比で76.1%減少した。

関連記事
社会
私立学校や教師、保護者 学校閉鎖の影響で厳しい財政状況に カンボジア[社会]
(12月28日)
経済
今年9月末までの自動車の輸入、前年と比較して約35%減少 カンボジア[経済]
(12月23日)
労働
コロナで大企業は解雇、中小企業は労働時間時間の削減や減給 カンボジア[労働]
(12月18日)
経済
世銀、カンボジア経済は2021年に回復すると予測[経済]
(12月17日)
経済
保険料総額、今年第3四半期は前年同期比で8.2% カンボジア[経済]
(12月03日)
観光
民間部門、来年の観光復興にほとんど希望を持っていない カンボジア[観光]
(11月24日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース