カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2017年6月25日
  • カンボジアニュース

シェムリアップ州 プノン・クーレン国立公園の保護呼びかけ[観光]

news_201706251
(c)Khmer Times

 環境省サイ・サムアル大臣は、環境保護団体らに対し、シェムリアップ州プノン・クーレン国立公園を保護を呼びかけた。クメールタイムズ紙が報じた。

 サイ環境大臣は、今年のアンコール遺跡救済国際委員会で、保護地域内での家屋建築や違法伐採によるゴミ問題を指摘した。同省は、環境を保護を目的に国立公園内に20万本の植樹を行ったという。

 アプサラ機構のメンバーでもある文化芸術省プオン・サカナー大臣は、プノン・クーレン国立公園とアンコール考古学公園では、50の地域で緊急の保護活動が必要であり、「いくつかの寺院は時代とともに腐敗しており、それらは専門家の保護を必要としている」と語った。

 シェムリアップのアンコール・ツアー・ガイド協会会長は、「地元や外国からの観光客は、その自然の美しさや寺院、滝を見るために、プノン・クーレン国立公園に非常に興味を持っているが、公園内のゴミについて不満を訴えた観光客もいた」と述べた。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース