カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2016年11月11日
  • カンボジアニュース

長期休暇中のカンボジア人アウトバウンド旅行客が増加[観光]

 可処分所得の向上とパッケージツアーを提供する旅行会社の増加により、11月中旬の大型連休(水祭り)期間に海外へ出国するカンボジア人数が上昇する見込みだ。

 トップアジア旅行の営業マネージャーは、「水祭りの週末と翌週、カンボジア人によって予約された外国行きパッケージツアーの数は前年比30%増加した。余裕があるカンボジア人はクメール正月やプチュンバン、水祭りなどの長期休暇中の海外旅行にますます興味を持っている」と述べた。

 一方、スレイラット国際旅行のゼネラルマネージャーは、「水祭りの4日間で200万人のカンボジア人が地方からプノンペンを訪れる。しかし、国内旅行を希望する顧客も多く、バッタンバンとシェムリアップが人気だ」と話す。

 警察の統計によると、水祭り期間中、200万人以上の人がプノンペンを訪れ、 約1万人の役人が配置される。

 観光省によると、2016年の1~8月におけるカンボジア人アウトバウンド旅行客数は、2015年と比較して23.7%増の約93万人。カンボジア国家観光連盟のホー・バンディ事務局長は、「フライトの増加と航空券の価格下落がこの変化に寄与している」と語った。

関連記事
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(20日)
経済
カンボジアのホテル業界 競争の激化[経済]
(09日)
統計
カンボジア 上半期の外国人観光客数 中国とラオスが急増[統計]
(08月05日)
日系
フン・セン首相 9日から訪日 日本から2億ドル以上の資金調達か[日系]
(08月05日)
社会
2022年までに モンドルキリ州で8頭のトラを放つ[社会]
(07月21日)
社会
カンボジア 金融リテラシーは依然として低水準[社会]
(07月13日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 マダムサチコ・アンコールクッキー リー・ミニア
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
業界
多くのカンボジア人にとって海外旅行の選択肢が広がる [飲食・観光] アンディー・コンフン (2/2)
業界
カンボジア人に常に新しい海外旅行を提案 [飲食・観光] アンディー・コンフン(1/2)
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース