カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2016年8月19日
  • カンボジアニュース

直行便開始に伴い、日本人観光客30万人誘致―カンボジア観光省[観光]

news_20160819
(c)Khmer Times

 タオン・コン観光大臣は8月17日、9月からの東京―プノンペン間の直行便開始に伴い、2020年までに日本人観光客を30万人誘致すると発表した。

 観光大臣は「日本語ガイドの訓練準備を進めている」と話し、現在の500人から少なくとも700人のツアーガイドを認定する予定だ。

 全日本空輸(ANA)は、9月1日に東京の成田国際空港とプノンペンを結ぶ直行便サービスを開始する予定で、ボーイング787-8型機を使用して、週7往復する。現在では日本-カンボジア間には直行便がなく、日本人観光客はバンコク、ハノイ、シンガポール、ソウルなどで乗換える必要がある。

 観光大臣は、「日本人観光客誘致のため、カンボジアで円通貨を使用可能にする計画がある」と述べ、2015年国別観光客数では日本は7位となり約19万人を記録している。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース