カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年8月7日
  • カンボジアニュース

日本人投資家がシェムリアップに国際的水準の病院を建設[日系]

 個人投資家の神成裕(かんなりゆたか)氏が、シェムリアップのアンコール共生病院に300万ドルの投資を行ったと、プノンペンポスト紙が報じた。

 神成氏は5年ほど前からシェムリアップに病院を建設するプランを持っていたという。「アンコール共生病院は、観光客に対して国際水準の医療サービスを提供できるシェムリアップで初めての病院だ」と同氏は述べている。

 同病院はシェムリアップ中心部から10キロほど離れた場所に位置し、建設はすでに始まっているが営業開始日は未定だ。同氏によれば、病院では医療技術の提供だけでなく、日本の技術をカンボジア人医師に紹介するという。

関連記事
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(12日)
観光
アンコールワットのチケット収入 72%増加へ[観光]
(08日)
観光
中国人観光客の増加に高級ホテルは繁盛するも欧米人の人気飲食店は苦戦[観光]
(07日)
社会
カンボジア保健省 食中毒発見件数の減少を発表[社会]
(12月24日)
社会
カンボジアの自発的な献血は約3割 近隣諸国に比べ低い[社会]
(12月23日)
社会
ミャンマー カンボジアに抗毒血清を輸出[社会]
(12月21日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース