カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年8月7日
  • カンボジアニュース

日本人投資家がシェムリアップに国際的水準の病院を建設[日系]

 個人投資家の神成裕(かんなりゆたか)氏が、シェムリアップのアンコール共生病院に300万ドルの投資を行ったと、プノンペンポスト紙が報じた。

 神成氏は5年ほど前からシェムリアップに病院を建設するプランを持っていたという。「アンコール共生病院は、観光客に対して国際水準の医療サービスを提供できるシェムリアップで初めての病院だ」と同氏は述べている。

 同病院はシェムリアップ中心部から10キロほど離れた場所に位置し、建設はすでに始まっているが営業開始日は未定だ。同氏によれば、病院では医療技術の提供だけでなく、日本の技術をカンボジア人医師に紹介するという。

関連記事
政治
フン・セン首相、コロナウイルスに関し中国を支援[政治]
(01月31日)
観光
カンボジアの国際空港、乗客数の伸びがスローダウン[観光]
(01月22日)
社会
カンボジアの大気汚染、工場や車両、森林火災、廃棄物の焼却などの煙が原因[社会]
(01月20日)
観光
世界遺産アンコールワットへの観光客数が15%減少 カンボジア[観光]
(01月02日)
観光
マカオのカジノ運営会社、アンコールワット近郊で土地購入を延期[観光]
(12月31日)
社会
4380万ドル費やし貧困者等に健康管理サービスを提供 カンボジア[社会]
(12月27日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
カンボジア人の声 マダムサチコ・アンコールクッキー リー・ミニア
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース