カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2015/2/29

顧客にレスポンスできないのならビジネスではない[不動産]バーニー・ダーキン

建築・内装

イエローツリーインテリア Yellow Tree Interior
General Manager: バーニー・ダーキン Bernie Durkin
カンボジア国内の内装を数多く手掛けるイエローツリーインテリア。前回のインタビューから約1年半経過し、カンボジアの建築・内装を取り巻く状況はどう変化したのか、変化の中顧客を獲得する秘訣は何か。ジェネラルマネージャーのバーニー・ダーキン氏に話を伺った。
1年半前からの変化

――約1年半前にインタビューに答えて頂きましたが、本日は1年半前からの変化について伺いたいと思います。ここ一年半の間に何か大きな変化はありましたか?

バーニー・ダーキン(以下、ダーキン) 弊社のサービス等に特に大きな変化はありませんが、国際的な企業がどんどんカンボジアに来るので、そのような企業との取引が増えました。
最近は、オフィスビルを始めとし、色々な種類の建物が建設されていますね。


――なるほど。前回と比べてワーカーの質はどうですか?

ダーキン そうですね。これは非常に難しい問題だと思います。我々が一緒に働いているローカルの下請け業者はとてもプロフェッショナルで、この業界での経験も長いですが、ワーカーの質はまだまだ問題があると思います。 今プノンペンでは多くの建設が進んでいるのと関係し、現場経験が無いもしくは少ないワーカーが来るケースが多く、ワーカーの質は以前と変わらないと言えます。

顧客獲得の秘訣

―― 先ほど仰ったように、たくさんの建物が出来るにつれ、建築・内装業者も増えてきたと思いますが、その中で順調に顧客を増やしている秘訣というか、バーニーさんが大事にされていることはありますか?

ダーキン 私が大事にしているのはクオリティ、スピード、レスポンスです。4年前にある顧客から、「あなた達が安いわけではなかったが、私達が求めていたものだった」と言われましたのを覚えています。続けて彼らは、「4社に問い合わせたが、祝日にも関わらず返信があったのはイエローツリーだけだった」と言いました。他の会社に何があったのかわかりませんが、これはビジネスであり、幸いにも私達は注文を頂き対価も頂きました。もしレスポンスできないのであれば、何故ビジネスをしているのでしょうか?非常に当たり前のことですが、大事なことです。

進出を目指す日系企業へメッセージ

――これから進出する日系企業はどの部分に気をつけて進出するべきだと思いますか?

ダーキン その業界に精通した会社に会うことが大事です。まず不動産屋を探すでしょうから、その場合はCBRE等でしょうか。顧客が求めている事に対する正しい情報と選択肢をくれるでしょう。そしてオフィス内装に関しては、評判がいい内装会社を選ぶ必要がありますね。いずれにせよ、コストにはとらわれ過ぎるべきではありません。例えば施工の後のアフターサービス等も充分に考慮されるべきだと思います。

ビジネスに関して言えば、2−3年で儲けて撤退ということは考えないほうがいいでしょう。5年−10年以上の長いスパンでビジネスを考えるべきだと思います。(取材日/2015年10月)


イエローツリーインテリア Yellow Tree Interior
事業内容:インテリア・エクステリアデザイン、家具、LANシステム供給、リノベーション
URL: http://www.yellowtree.com.kh/
関連記事
社会
カンボジアの道路の半分以上が「粗悪」と分類 公共事業運輸省[社会]
(19日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12日)
統計
ビジネス規制環境 190カ国中カンボジアは135位[統計]
(11月05日)
社会
トンレサップ川にかかる新橋 来週にも建設開始[社会]
(10月20日)
社会
カンボジアで最も著名な建築家 ヴァン・モリヴァン氏 死去[社会]
(09月30日)
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(09月17日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
技術レベルに一貫性がなく、基準がないことは大きな問題[建設・内装] エン・スロン(2/2)

その他の「建築・内装」の業界インタビュー