カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

地元企業はとにかく安い価格を求める[建築・内装]チア・チャンダラ(2/2)

建築・内装

SOMAコンストラクション&エンジニアリング SOMA Construction & Development Co.,Ltd.
CEO: チア・チャンダラ CHEA Chandara
新プノンペン空港の拡張工事や、イオンモール二号店の施工など。国際的にも名だたる大手企業と仕事をしてきたSOMAコンストラクション&エンジニアリング。そんなカンボジアで急成長を見せる同社のCEO、チア・チャンダラ氏に、同社が選ばれる理由やその成長、また業界の問題点について話を伺った。
持続可能なビジネスを目指す

前回に戻る
――会社としての展望を教えて下さい。

チア 弊社としては、持続可能なビジネスを目指しています。持続可能なビジネスとは、まず初めに、自社でデザインや施工、建設を行い、物件開発を行うこと。次に、建設資材の輸入をすることです。SOMAコンストラクション&エンジニアリングで資材の輸入から建設まで一貫して行うこと。これを目指しています。

――カンボジアの、今の建設業界の業況について教えて下さい。

チア 家や建物でいうと、物件の品質管理や、自社で賃貸を行うなどのビジネス需要はすでに増えてきています。住宅は供給過多で需要が下がると言われていますが、低所得者~中所得者層向けの住宅需要は伸びており、成長は期待できるでしょう。

 一方インフラ面でいうと、カンボジアはまだ開発途中であり、道路や橋、エネルギー供給の需要は高く、引き続き成長しています。カンボジアには、タイ・ベトナム・ラオスの中心にあり、ミャンマーや中国とも近いという地の利があります。また、政治的にも安定し、政府による税金の優遇措置もあるため、投資家はますます増えるでしょう。引き続き成長は続くと思います。高い建物や高級物件のみ成長が鈍化するくらいで、その他の産業は引き続き伸びると思います。

カンボジア人が本当に求めているものを知る

――カンボジアの建設業界の問題点を教えて下さい。

チア 3つ挙げるとすると、まず1つは総合建設。この問題点はカンボジアにおける資材の輸入です。ここ5年間、建設業界はブームですが、建設資材の輸入は国内では既に限界を迎えています。そのため海外からの輸入に頼っており、しかし時間がかかり、頼んだものが入らないなど問題も多いです。現在、国内のサプライヤーが必死になっている最中ですね。

 2つ目は、人材の問題です。投資家の方とも話すのですが、カンボジアには熟練技術者がほとんどいません。例えば5~6年かかるような大掛かりのプロジェクトだと、カンボジアの作業員では経験がない。今は向上している最中ですが、海外から人材を雇う必要がありますね。

 3つ目は、お客様の問題です。外資系ディベロッパーと仕事をする際は、お客様は高品質かつスピードを求めるため、我々の提示する金額でも満足頂きます。しかし地元企業はとにかく安い価格を求める。現在、中国系の建設業者も入ってきており、彼らは品質もそこそこで、納期意識はありませんが、とにかく安い。そこと戦っていくことは我々にとってはチャレンジですね。

――カンボジアで建物の建設を行う際、どのようなことに注意すればいいでしょうか?アドバイスをお願いします。

チア まず1つは、カンボジアは他国と比べると利点が多いと思います。また、カンボジア人と日本人の相性は良いですね。日本人はカンボジア人を愛し、信頼してくれます。しかし、土地の選定やカンボジア人にうけるデザインなど、カンボジア人が本当に求めているものを知らないことも多いです。そのためパートナー選びは非常に大事ですね。またもう1つは、建設業者の選定。この2つが上手くいけば成功するでしょう。カンボジアでの事業成功をぜひ信じて下さい。


SOMAコンストラクション&エンジニアリング SOMA Construction & Development Co.,Ltd.
事業内容:建設事業
URL: http://www.smcd-construction.com.kh/
関連記事
経済
フランス プノンペン近代都市化に支援 カンボジア[経済]
(10日)
観光
開発進むプレアシアヌーク 観光業に影響か カンボジア[観光]
(10月05日)
経済
中国政府資金 カンボジア国道拡大[経済]
(09月27日)
経済
サンシティー・グループ 統合型リゾート建設[経済]
(09月25日)
経済
巨大コンドミニアムの約50%をカンボジア人が購入 [経済]
(09月25日)
経済
シハヌークビル初のショッピングモールの建設が開始される カンボジア[経済]
(09月24日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現

その他の「建築・内装」の業界インタビュー