カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2018年2月7日

NBCの資格要件も厳しくなった今、強い銀行が生き残ることになる[金融・保険]シン・チャン・モー(2/2)

金融・保険

プノンペン商業銀行 Phnom Penh Commercial Bank
頭取: シン・チャン・モー Shin Chang Moo
日本人スタッフ常駐のジャパンデスクが2013年に設立され、カンボジア在住日本人からも人気のプノンペン商業銀行。2017年5月にはスマートフォンを用いたモバイルバンキングが開始され、ますます顧客にとって利便性の高い銀行サービスの提供が展開されている。
昨今のフィンテックの台頭やドル化経済の今後に関する考察など、カンボジアの銀行業界が迎える展望についてシン・チャン・モー頭取に話を伺った。(取材日:2017年11月)
2017年末までに2つの新しいサービスを開始予定

前回の続き

――海外から来るビジネスマンにとって、カンボジアでの口座開設についてアドバイスがあればお願いします。

シン カンボジアには約40の銀行があり、銀行サービスや商品において心配することはありません。銀行選択においては、安全性と信頼性が重要な役割を果たし、また、コーポレートバンキングを行うためのデジタルプラットフォームの可用性も重要です。

 私たちは、2017年末までにモバイルテラーサービス、およびコーポレートバンキングシステムを開始する予定です。コーポレートバンキングシステムは、給与計算プロセスの簡略化、および取引の追跡が可能となり、企業の財務管理を容易にします。一例として不動産賃貸ビジネスであれば、同システムを導入すれば借主様からの賃料確認の簡易化も実現できるなど、利点は無数にあります。このようなシステムによって、企業様は、各取引においても銀行に行く必要がなく時間節約につながります。もちろんセキュリティシステムも万全です。

 一方、モバイルテラーサービスでは、銀行スタッフがお客様を訪問しながら必要なすべての情報をご案内することができます。これは、お客様にご来店いただく代わりに私たちが銀行サービスをお届けするためのもうひとつのステップとなります。

 また、提携銀行のネットワークもその役割を果たすでしょう。34カ国にわたる提携銀行ネットワークを駆使し、海外事業を行うビジネスマンの皆様にとって有益なサービスを提供できることと確信しています。

プノンペンの商業銀行は供給過多

――銀行業界の将来の見通しを教えてください。

シン 現在、プノンペンの商業銀行と支店数は供給過多です。また、支払サービスプロバイダによる新しい購入方法の提供や、大手MFIによる高リスク高収益製品など、これまで商業銀行が手掛けていた分野が商業銀行以外の事業会社により拡大しています。これらの代替金融商品とサービスは、お客様のリスクとリターンのご要望に基づき、より細かくオプションの提供ができるようになりました。

 最近では複数の商業銀行がより多くの州をカバーする拡張戦略を打ち出しており、NBCの資格要件も厳しくなった今、強い銀行が生き残ることになるでしょう。(取材日:2017年11月)


プノンペン商業銀行 Phnom Penh Commercial Bank
事業内容:商業銀行
URL: http://www.ppcb.com.kh/
関連記事
経済
プノンペン商業銀行 土曜午前営業とEバンキングが好調
(08月06日)
経済
日系銀行 Jトラスト ANZロイヤル銀行を買収 カンボジア[経済]
(05月18日)
経済
プノンペン商業銀行 全世界で展開するダイナースクラブと提携[経済]
(05月04日)
経済
プノンペン商業銀行(PPCBank) 送金サービス「ウィング」の利用が可能に[経済]
(04月24日)
経済
プノンペン商業銀行 日本語対応のモバイルバンキングアプリをローンチ[経済]
(06月02日)
経済
カンボジア、依然としてドル支配が続く[経済]
(23日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1
注目
プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転

その他の「金融・保険」の業界インタビュー