カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2016年8月29日

生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)

人材・コンサル

NEA(国家雇用機構) National Employment Agency
代表: ホン・チユン Hong Choeun
政府機関であるNEA(国家雇用機構)は、日本でいうハローワークのような存在だ。毎年約30万人もが労働力になっているというこのカンボジアで、いかに人材を育成していくのか。今後の活躍が期待されるNEA代表のホン・チユンさんにお話を伺った。(取材日/2016年4月)
民間セクターとの協力

前回の続き
ホン・チユン(以下、ホン) 私たちは民間雇用機関と協力しなければならないと思います。カンボジアは、他の国と違って開かれています。一部の労働力は、民間セクターが利益を得ることができません。通常多くの国で、民間雇用機関は高いレベルの専門分野に焦点を当てます。そして彼らがカバーしない領域に対し、私たちは補完的に働きます。

 また私たちの省は、ワーカーへのトレーニングのレベルを調査し、今年、正式な規定を設定しようしようとしています。民間企業に対し提供し確実に運営するための法的環境を提供しています。まだ未確定な部分が多いです。なぜならこれまで、私たちはこのような基準を持っていなかったからです。ただ過去にいくつかの機構とは近くにありました。一緒に働き、情報を共有していました。

 私たちの最終目標は雇用主がワーカーを得られるということです。職を民間、公共両方から得ることができます。民間と働いて情報を共有できます。彼らは私たちのサポートを必要としており、私たちは求職者たちの情報をもとに情報を彼らに提供できます。今年から、一種さらに透明性が増すということです。

田舎に住む人々へ情報を

―――テレビ番組をお持ちと伺いましたがそれについてお聞かせください

ホン  この番組の目的は、職業の情報や機会を田舎に住むワーカーたちに届けることです。同様に雇用主もワーカーを早く手に入れられるようになることを目指しています。なぜなら私たちが焦点を当てているのは職業機会のアナウンスメントのみで、求職者が働く意欲を持つようなキャリアや職業についてお知らせします。

 どんな職業があって、どんなスキルの需要が高いのかということです。なぜなら田舎に住む多くの人が限られたスキルしか持っていません。番組では彼らにに働くことを勧めます。彼らは仕事環境がどんなものか、どんな振る舞いやスキルが必要なのかということを知りません。

 私たちの番組はカンボジア国内10以上のチャンネルで放送されています。農業的な職業から産業的な職業へシフトしようとしている人たちへ私たちは情報を提供しようとしています。そして特に技術的なスキル、大学で行われているようなスキルトレーニングをピックアップしています。また、スキルトレーニングを受けた人の未来の話や成功の話を提供します。これが私たちがやろうとしていることですが、今後もっと改善していこうと思っています。現在この番組はカンボジアのテレビ局BBCのサポートを受けておち、これからもっと求職者にとって有益なものとなるでしょう。

日系企業が生産性を高めるよい時期

―――ありがとうございました。最後に日系企業へのメッセージをお願い致します

ホン 現在投資の時期だと思います。カンボジアの人口はとても若いです。彼らのトレーニングはとても速くできます。そして地域の供給チェーンの観点から、地理的によい位置だと思います。カンボジアはとても成長していて、他の国と比べたとき、安価な労働力のような投資の利点があります。安価な労働力のような。これが現在の状況です。

 様々な努力によってここでビジネスをする上でのコスト、たとえば運送費は今年から急速に安くなるでしょう。だから、日系企業が生産性を高めるよい時期だと思います。(取材日/2016年4月)

 日本からの投資によってさらなるテクノロジーや製品が持ち込まれ、カンボジアの産業のレベルが高まることを期待しています。私たちもそのためのサポートをするつもりです。


NEA(国家雇用機構) National Employment Agency
事業内容:労働情報サービス、教育訓練など
URL: http://www.nea.gov.kh
関連記事
労働
労働組合 メーデーにプノンペンで大規模デモ行進を計画[労働]
(04月26日)
労働
全業界での最低賃金の設定の見込み カンボジア労働省[労働]
(04月23日)
労働
マレーシアで働くカンボジア人家事労働者 カンボジア大使館が救済[労働]
(04月19日)
社会
ポイペト ハードディスク工場で爆発事故 インド人含む6名負傷[社会]
(04月19日)
労働
マレーシアへの派遣労働は問題ではない カンボジア労働大臣[労働]
(04月11日)
労働
労働者保護のため、雇用者に月2回の賃金支払いを求む カンボジア労働省[労働]
(03月30日)
あわせて読みたい
注目
就職お祝いクロマーをプレゼント 現地人材紹介会社CDL
注目
3月11日(土) 日本語学習者・日系企業就職関心者のための就職説明会を開催
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.5
注目
12月17日(土)、日本語学習者・日系企業就職関心者のための就職説明会を開催

その他の「人材・コンサル」の業界インタビュー

人気記事ランキング