カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2017年1月13日

通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (3/3)

通信・IT

イージーコム EZCOM Ltd.
CEO: イヴ・シェフェール Yves Schaeffer
ミャンマー・タイ・カンボジアを結ぶ光海底ケーブルの建設計画をいち早く立ち上げ、世界からも注目を集める通信企業イージーコム。国内最上位シェア、オンリーワンの企業になっても、CEO自らお客様を「パートナー」と呼ぶ姿勢に感銘を受ける。CEOのシェフェール氏に話を伺った。(取材日/2016年8月)
海底光ケーブルでオンリーワンの企業に

前回の続き
――海底光ケーブルプロジェクトの進捗状況を教えて下さい

イヴ・シェフェール(以下、シェフェール) ご存知の通り我々は、2015年5月タイとマレーシアとの合弁企業にサインをしました。*このケーブルはカンボジアで初めての試みです。メリットとしては、最新技術が使用されるため、大容量の通信が可能になり、また直接ネットワークが繋がるため、価格も安くなります。

 この計画は、海外の投資家にとって、カンボジアの発展性に驚くだけでなく、ITやICT分野の益々の発展が見えて、興味深いでしょうね。計画は順調で、2017年の第一四半期に完成予定です。

*ネットプロバイダのイージーコム社(Ezecom、カンボジア)の子会社であるテルコテック社(Telcotech、カンボジア)が、アジアとアメリカを結ぶ光海底ケーブル網(Asia –America Gateway、略称:AAG)への接続をシンフォニーコミュニケーション(Symphony Communication、タイ)とテレコムマレーシアとの間で締結している。


――海底光ケーブルへの投資は高額だと思いますが、どのようにして資金を集められたのでしょうか?

シェフェール まず、この計画はイージーコムだけではなく、合弁企業で動いているので資金はシェアしています。

 第2に、この投資計画は長い目でみる必要がありますが、初めての試みで第一人者です。海外からの企業もイージーコムに興味を示すでしょう。海底光ケーブルは、エンドユーザーに向けてだけの計画ではありません。企業とのパートナーシップに繋がる可能性もあり、「非常に難しい計画だが、イージーコムはやり遂げており、素晴らしい企業だ」と、企業イメージのアップにも結び付くでしょう。

 将来的に、アマゾンやグーグルなど世界的有名企業のオフィスが出来るかもしれません。そんな時に、選ばれるような企業になりたいと思っています。そんな長期的な視点を持った計画なんですよ。

ビジネスマンにとってインターネットはより使いやすく

――イージーコムの企業向けサービスを教えて下さい

シェフェール データセンターとホスティングサービスを行っています。ホストサーバーは、現在はE-Mailやアプリなど。将来はソフトウェア企業と共にソフトウェアのホストサーバーも作る計画がありますね。また、繋ぐことはもちろんですが、個人情報や企業情報保護など「守る」ことにも力を入れています。

 後は、いわゆる何でも屋ですね。例えば、カンボジアに進出する企業がオフィスを構える際に、Wifiの設定など、包括的なサービスを行えるのが特徴です。人々はもちろん仕事でカンボジアに来ますが、仕事だけをする訳ではないですからね。


――カンボジアのインターネット環境は、外国人ビジネスマンにとって使いやすいものですか?

シェフェール ビジネスマンとインターネットは切っても切り離せない関係です。ここ数年、カンボジアのインターネット環境は格段に良くなり、そういった方々にも、高品質で早いネットワークが提供出来ていると思います。

 また、現在、カンボジアにはたくさんのファイバーがあります。6、7年前にアフリカで働いていましたが、当時そんなものはありませんでした。そのため、ビジネスマンにとっても、手軽にインターネットが使える環境だと思いますね。

カンボジアで大事なのは、現地企業とのパートナーシップ

――貴社の将来のビジネス展開を教えてください。カンボジア通信産業の将来について教えてください

シェフェール 業界で言うと、人々のインターネット欲求の高まりと同時に、需要も益々増加すると思います。また、事業の境目はどんどんなくなっていくでしょうね。我々は、*Mtomサービスもするし、法人向けサービスも全部対応していますという企業が増えるでしょう。我々も、全サービスを提供出来るよう対応している最中です。

 イージーコムとしては、海底光ケーブルによって、ISPの独自性が高まり、オンリーワンの企業となるでしょう。法人向けには、インターネットホスティングサービスやプロバイダーサービスに力を入れる予定ですね。現在の業界の流れは「ダイバーシティ化」です。我々はただのインターネット会社ではなく、サービスプロバイダに変わろうとしています。そうしないと生き残れませんからね。

*machine to machine(機器同士がコンピューターネットワークを通じて直接情報をやり取りし、高度な処理や制御を行うこと)


――日系企業や日本人投資家へのコメントをお願いします

シェフェール カンボジアで大事なのは、現地企業とのパートナーシップです。日本からカンボジアに来て、働き方が違うのが分かるでしょう。例えば、騙されるなど、ビジネスを始めるのも簡単ではありません。そんな時我々は、通信面で良いパートナーになれると思いますよ。(取材日/2016年8月)


イージーコム EZCOM Ltd.
事業内容:インターネットプロバイダー
URL: http://ezecom.com.kh
関連記事
経済
カンボジアの携帯電話事業 業界3位のセルカードが猛追[経済]
(16日)
経済
アクシアタグループ スマートを一部売却する可能性[経済]
(07日)
社会
クメール・ルージュの歴史を学ぶアプリ さらなる展開を目指す[社会]
(07月27日)
経済
インドシナ地域の大手広告代理店 カンボジアでブランドを立ち上げ[経済]
(07月04日)
法律
カンボジア サイバー犯罪の法律策定を急ぐ[法律]
(07月03日)
経済
携帯電話使用で課金される追加料金 加入者からは不満の声 カンボジア[経済]
(07月02日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1

その他の「IT・通信」の業界インタビュー