カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2014年12月26日

様々なビッグプロジェクトをカンボジアで成功させてきたユニーバサル企業[不動産]フィリップ・スコット

不動産

CBRE カンボジア CBRE Cambodia
不動産調査担当: フィリップ・スコット Philip Scott
世界300カ所以上に拠点を展開する、国際的な不動産会社CBRE。法人向けオフィスや物流施設などの賃貸借仲介、プロパティマネジメント、アセットマネジメント、不動産鑑定など、総合的な不動産サービスを提供している。不動産調査担当のフィリップ・スコット氏に、オフィススペースなどカンボジアの不動産事情を伺った。
市場はまだまだ右肩上がり

私達CBREカンボジアは、1993年から業務を開始しています。当時は、6人から10人ぐらいの小さなチームでのスタートでしたが、年々規模を拡大していきました。
香港ランド、セントラルマンション、メコンタワー、プノンペンタワー、GTタワー、デキャッスルなどのプロジェクトを手がけております。現在は、5名の外国人スタッフと15名のカンボジア人スタッフがいます。
カンボジアでの不動産市場は、今後もより良くなっていくと思いますが、現在もいい状況です。中にはバブル状態だという方もいるかと思いますが、我々はそうとは考えていません。まだまだ右肩上がりが続くでしょう。
現在我々はバタナックタワーを手がけていますが、とても活発な市場です。建設プロジェクトも大成功しましたし、デキャッスルなどはプノンペンに新しいタイプの不動産を提供して、投資の呼び込みにも貢献していると自負しています。このほか、ポンコック湖畔の160ヘクタール規模の土地開発をはじめ、さらにたくさんのプロジェクトを現在進行しており、これらのプロジェクトも成功すると思います。

土地の所有権が鍵

カンボジアは他国とは違ったフロンティアな市場です。よくプノンペンはバンコクから20年、30年遅れているという言われ方をしますが、これは間違っていると思います。どこかしこにも高層ビルがあるというわけではありませんが、例えばバタナックタワーなどは、タイの高層ビルや、イギリス、香港のそれと比べても遜色ないものです。2、30年前のタイでは建設できない建物です。
カンボジアの土地の所有権についてが大きな鍵になると思います。カンボジアでは外国人は土地を所有することはできません。しかし、カンボジア人のパートナーと組んで土地を所有するという方法があります。例えば、土地所有会社をつくり、その資本関係をパートナーが51%もつということにすればいいわけです。こうすることで、土地の開発が可能で、プノンペンタワーを開発したヒュンダイも同じやり方をとっています。

不動産価格について

オフィススペースの価格は全体として上がってきています。例えばプノンペンタワーが3年前にオープンした当初、その価格は$14.5/㎡ほどでした。
また、去年は大きなオフィススペースの供給がなく、不足していました。今年は新しいオフィススペースがいくつかでき、プノンペンタワーは$4.5のサービス料別で、$22/㎡ほどになっています。バタナックタワーは、$5のサービス料別で、$28〜$38/㎡です。現状から見ればこれらの相場はまだ変動すると思います。
土地に関していえば、多様ですね。ヨーロッパでもそうですが、土地の値段というのはオーナーさんとのやり取りになるので、本当に値段の違いは大きいです。短い期間でも土地の値段が大幅に上がることもあります。現在、土地の開発熱があるので安くはありませんが、個別に調べて交渉するしかありません。郊外は、簡単には言えませんが、プノンペンよりはるかに安いです。
シェムリアップにはハードロックカフェが出来たりなど、商業施設が増える兆しがありますが、一歩郊外に出れば農業地帯になります。このような土地は、上がっているとはいえ軒並み安いといえます。
日系企業の方々も、どんどんカンボジアに来てください。パートナーを見つけて、しっかりリサーチした上で、投資をしていただければと思います。(取材日/2014年8月)


CBRE カンボジア CBRE Cambodia
事業内容:オフィスや物流施設などの賃貸借仲介、プロパティマネジメント、不動産鑑定など、総合的な不動産サービス
URL: http://www.cbre.com.kh
関連記事
社会
アンコール遺跡公園内の違法住宅 撤去はじまる[社会]
(15日)
経済
カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げる 今後は供給過多を懸念[経済]
(14日)
経済
不動産開発業者 空港・都内間の鉄道開発に期待膨らませる[経済]
(08日)
経済
泰文隆ツインタワー 建設開始スケジュールが押している[経済]
(07日)
経済
5億円の費用をかけて衛星都市が建設される スヴァイリエン州・バベット[経済]
(07月31日)
経済
ハードタイトル付きの土地権利が住民に発行 ロン島の都市開発が期待[経済]
(07月24日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)

その他の「不動産」の業界インタビュー