カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2018年12月7日

銀行業界は強い成長を見せている [金融・保険]イン・チャンニー

金融・保険

アクレダ銀行 ACLEDA BANK
プレジデント: イン・チャンニー In Channy
カンボジア最大の商業銀行として君臨するアクレダ銀行。イン・チャンニー氏はカンボジア日本経営者同友会の初代会長も歴任しており、カンボジアの経済成長に大きく貢献していると言える。そんなイン・チャンニー氏にこれからの銀行業界について話を伺った。(取材日/2018年11月)
他の銀行とは一線を画している

――改めて、自己紹介をお願いします

 名前は、イン・チャンニーです。アクレダ銀行の頭取であり、創設者です。アクレダ銀行は1993年、国連開発計画(UNDP)と国際労働機関(ILO)により中小零細企業を支援するNGOとして設立されました。その後2000年に専門銀行に移行し、2003年12月に商業銀行のライセンスを取得し今のアクレダ銀行になっています。カンボジア人は、エーシーリーダと呼びますが、外国人は、省略して(呼びやすく)アクレダと呼びます。

――今の金融市場について教えてください

 現在カンボジアには専門銀行・商業銀行合わせて50社以上の銀行、また60社以上のマイクロファイナンス機関があり、銀行業界は強い成長を見せています。アクレダ銀行としては、今年10月には融資総額3.3ビリオンUSD、預金総額3.7ビリオンUSDになりました。昨年10月の融資総額3ビリオンUSD、預金総額3.2ビリオンUSDでした。融資においては我々は、7%の予測をしていましたが、実際は11%成長しました。また預金に至っては8%と予測していましたが、大幅に上回る17%の成長をしました。このように我々のビジネスは好調です。

――アクレダ銀行と他の銀行の違いを教えてください

 アクレダ銀行は、支店数やオフィスの数からみて、カンボジアで最も大きな銀行です。支店数は、国内に260以上、ラオスに41支店、ミャンマーにも8支店があります。

 我々は、2つのインフラを持っています。1つは国境を超えた支店やオフィス、もう1つは、ATMなどの電子ネットワークや、インターネットバンキングです。また、フィンテックアプリ【アクレダトーンチェット】をローンチして1年になりました。トーンチェットは、クメール語でクイックレスポンスという意味です。全国どこにいても口座が開設できたり。祝日も含めた24時間365日サービスを利用することができます。お客さんは、どこにいても、祝日でもバケーションでも、ビジネスの取引ができます。この2つのネットワークを駆使し全国をカバーしているという点で、我々は他の銀行とは一線を画しています。

アジアの銀行トップ100に選ばれる

――今後の展望について教えてください

 金融的にも、商業的にも、社会的にも、デジタル的にも、アクレダ銀行は益々成長していくでしょう。我々はすでにカンボジア最大の銀行であり、アジアの銀行トップ100にも選ばれました。我々は、アジアの国々、グローバルとの架け橋となり、フィンテックを活用しながら、グローバルに展開していきたいと思っています。また、ミャンマーの拡大にも力を入れていきたいとも思っています。APIの参加することによって、よりフィンテック化するでしょう。

 我々は、アジアにも広げていくことができるでしょう。グローバルカスタマー、我々のフィンテックプロダクトを活用できます。その名に相応しくあるため、カンボジア国内でのサービスの充実を図りながらも、今後はアジア展開を考えています。


アクレダ銀行 ACLEDA BANK
事業内容:商業銀行
URL: http://www.acledabank.com.kh
関連記事
経済
カンボジア中銀主導の決済アプリ「Bakong」をテスト[経済]
(07月24日)
経済
カンボジア最大手のアクレダ銀行 年間利益10%下落か[経済]
(04月09日)
社会
プノンペン都に「お金の博物館」がオープン カンボジア [社会]
(04月09日)
経済
金融部門は堅調な成長を維持 カンボジア国立銀行年次報告[経済]
(02月01日)
経済
政府 電力部門に5000万ドルの補助金 カンボジア[経済}
(12月20日)
経済
アクレダ銀行の給料支払いサービスを導入 カンボジア[経済]
(11月23日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1
注目
プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転

その他の「金融・保険」の業界インタビュー