カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2019年8月30日
  • カンボジアニュース

不動産所有者に対し外国人の賃貸に報告義務を課す カンボジア[法律]

news_201908301
(c)Khmer Times

 副首相でもあるソー・ケーン内務大臣は、不動産所有者に対して、外国人に賃貸した際は、賃貸人や賃貸期間などの情報を当局へ報告するよう指示した。プノンペンポスト紙が報じた。

 この指令は、国内に居住する外国人の安全や公共秩序の維持などを目的とされており、これにより入国管理局は居住外国人のデータを保有できるという。

 指令によると、不動産所有者は、24時間以内に所轄警察署に居住する外国人について報告する必要があり、家主が外国人の場合は、家主自身についても報告しなければならないとされている。また、これに従わない場合は、罰が科せられると記されている。

 ソー大臣は、地方自治体や地方警察に対し、外国人入居者に関する報告フォームのサンプルと入国管理局が定めた申請書を、不動産所有者に提供するよう指示した。

関連記事
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
不動産会社CBREが第3四半期の不動産市況を報告[経済]
(10月16日)
経済
カンボジア中銀、開発業者が提供する住宅ローンの利用者に忠告[経済]
(07月31日)
経済
カンボジアの商業物件の空室率は過去10年間で最低[経済]
(07月19日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース