カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2017年7月3日
  • カンボジアニュース

カンボジア サイバー犯罪の法律策定を急ぐ[法律]

news_201707034
(c)Khmer Times

 最近世界中で起こったコンピュータシステム上のマルウェア攻撃は、カンボジアでも新たなサイバー犯罪法の草案を仕上げるよう政府を急かしている。クメールタイムズ紙が報じた。

 過去12ヶ月間に世界中で起こったマルウェア攻撃により、多くの国々で警鐘が鳴った。金曜日、プノンペンで開かれたカンボジア4G LTE国際会議では、より多くのセキュリティ対策が求められる結果となった。

 郵政電気通信省の高官は、サイバーセキュリティーの法案が策定されている一方で、国民は電子商取引のような分野におけるサイバー犯罪にも気づくべきだとし、「サイバー犯罪の法律はまだ存在しないので、犯罪意思の有無に関わらず、取引を定義することは難しい」と述べた。

 サイバー犯罪法の草案は、郵政電気通信省の支援を受けて内務省によって監督されており、両省は米国のサイバーセキュリティ法をモデルに研究しているという。

 関係者は、電子商取引や電子バンキングの分野ではハッカーからのデータ保護が必要とされる議論だと述べている。郵政電気通信省の広報担当者は、サイバー犯罪の法律は、その範囲の広さと関連する分野の多さ、特に国家安全保障上の懸念から策定に時間がかかるとした。

関連記事
社会
2017年 交通事故による死亡者数約1800人に[社会]
(04日)
政治
米国 カンボジア当局者に対するビザ制裁を発動[政治]
(12月08日)
社会
古い弾丸とロケット弾が発見 カンダール州とバッタンバン州[社会]
(11月29日)
政治
スウェーデン カンボジアへの新たな援助を停止[政治]
(11月24日)
労働
米国商工会議所 カンボジア労働者のインターンプログラムを設立[労働]
(11月18日)
社会
ナンバープレートのないトゥクトゥク運転手 170人を取り締まり[社会]
(11月15日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
カンボジアにおいてニューメディアはパワフルなツール[マーケティング・メディア]チー・セラ(2/2)
業界
カンボジア人を明るくする情報発信を行いたい[マーケティング・メディア]チー・セラ(1/2)
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース