カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年10月12日
  • カンボジアニュース

フリンジネベフィット税の免除の適用範囲を拡大[法律]

 カンボジア租税総局(GDT)は、フリンジベネフィット(付加給付)税の免除の適用範囲を拡大すると発表した。

 フリンジベネフィットとは、例えば出張手当・残業食事代・社員旅行など給与以外の経済的利益を指す。GDT総局長のコン・ヴィボル氏は、「付加給付税の減免制度は、食事、交通機関や育児など通常の月給以外に受けるメリットに適用される」と述べた。

 現行では、雇用者はフリンジベネフィットに毎月20%の税金を支払う必要があった。同氏は、「税金の免除は2015年1月に縫製業労働者に初めて適用され、現在では他の業種にも拡大している。税金免除のため、工場や企業は従業員をサポートしている旨の証明書を提出する必要がある」と話す。

関連記事
労働
縫製業は技術革新のため再訓練プログラムが必要 カンボジア[労働]
(17日)
経済
カンボジア租税総局 印紙税の納税期限延長を発表[経済]
(11日)
労働
フン・セン首相 選挙後に社会的保証が停止されるという旧救国党支持者からの主張を否定[労働]
(06月29日)
経済
関税当局は密輸を撲滅するためのヘリコプターを保有 カンボジア[経済]
(06月27日)
社会
石油価格の高騰を受け7月から減税を実施 カンボジア[経済]
(06月25日)
経済
カンボジア政府 低コスト住宅プロジェクトに税制優遇[経済]
(06月22日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
注目
21日水曜日、欧州商工会議所がタックス・フォーラムを開催
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース