カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年9月8日
  • カンボジアニュース

カンボジア租税総局「輸送用重車両の増税は、インフラ整備費とバイク免税のため」[法律]

news_201609082
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア経済財政省の租税総局は今週月曜日、最近の輸送用重車両における大幅な増税について、インフラ整備費の下支えのためと、モーターバイクなど150cc以下の車両の免税分をカバーするためと説明した。

 同局は、「重車両は道路状況や環境に大きな影響を及ぼし、政府は道路の建設や修復・整備に多額の資金を費やしている。税額は観光用車両に比べれば低く設定されている」と述べた。

 プノンペンポスト紙によると、新スキームでは3トン車両には約48.7ドル、3~10トン車両には121.74ドル、10~20トン車両には243.48ドル、21トン以上の車両には486.96ドルが課税される。

関連記事
経済
カンボジア政府 国道4号の復元へ資金調達[経済]
(07月19日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(07月11日)
経済
カンボジア政府 低コスト住宅プロジェクトに税制優遇[経済]
(06月22日)
経済
石油生産事業者に免税とインセンティブを与える閣僚会議令 カンボジア[経済]
(06月15日)
経済
コメ以外の作物生産を支援する新たな資金を発表 カンボジア経済財政省[経済]
(06月14日)
社会
カンボジア 地球温暖化で2050年までにGDP10%減の可能性[社会]
(06月10日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
業界
税制に関する知識を備え、想定することが大切 [法務・税務・会計] 菊島陽子
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース