カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

カンボジア証券取引所

Cambodia Securities Exchange (CSX)

csx_logo

取引所はプノンペンのカナディアタワー内に設置。本部所在地はプノンペン。株価指数としてCSXインデックスを算出する。

2012年4月18日、プノンペン水道公社(PPWSA)が上場。
2014年6月16日、グランドツイン・インターナショナル・カンボジア(GTI)が上場。
2015年12月9日、プノンペン港湾公社(PPAP)が上場。
2016年5月30日、プノンペン経済特区(PPSEZ)が上場。

2015年9月、カンボジアでは中小企業が銀行から融資を受けることは難しいため、政府は「成長市場(Growth Board)」と名付けた市場を設置し、大企業よりも要件や資本制限を緩やかにして中小企業が株式を発行できるようにした。しかし、現在まで当市場で上場企業はない。

WEBサイト:csx.com.kh

最終更新日:2016年11月27日
関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
経済
プノンペン水道公社 浄水場の拡大は株価にも影響か[経済]
(10月31日)
経済
マレーシア系電力供給会社ぺステックカンボジア 来年にも上場予定[経済]
(09月09日)
経済
上場企業グランドツインズインターナショナル 無名の金融機関から420万ドルの短期融資[経済]
(09月07日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)