カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

建築・内装

2017年09月06日

プノンペンで人気のリンナイ製品 シェムリアップでもその市場を拡大

 リンナイ製品の販売を行うカムコナ・トレーディングが、2017年7月21日、シェムリアップのヒル・ロックス・ホテル&スパで顧客向けにリンナイ製品の説明会を行った。リンナイのガス燃料給湯システムは、エネルギー効率と安全性が高く、品揃えが豊富なのが特徴で、保証も含むという信頼性の高さから、現在シェムリアップにある数10の商業施設に導入されている。

 リンナイは1920年に日本で創業され、現在は19の工場、世界的な流通ネットワークを持つグローバルブランドである。ほぼ100年にわたる歴史を持ち、たゆまぬ技術開発を重ね、顧客のニーズを満たす電力、ガス、太陽光などの温水ソリューションを提供している。カンボジアでは2013年、国内のリンナイ製品の販売を、カムコナ・トレーディングに一任し、多くの顧客に高い評価を得ている。

 同社のマネージング・ディレクター、キム・スルン・エリダ氏は、「お客様やビジネスパートナーがこれからもリンナイ製品をお使い頂けるよう、競争力のある価格や素晴らしいサービス、および国際的な品質基準により販売量をアップさせる。現在売上高の大半はプノンペンだが、カンボジアのトップ観光地、シェムリアップのホテル、レストラン、スパ施設にも拡大する予定だ」と述べた。

 また同社は、LIGMAN照明、IMER建設機械、ペルゴラミネートフロア、ヒルティ電動工具など、世界的に有名なブランドも提供している。

その他の注目記事

人気記事ランキング