カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年4月25日
  • カンボジアニュース

カンボジアのガソリン小売価格が値上げ[経済]

news_201904253
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアのガソリンの小売価格は、2018年1月~4月の間に、国際市場価格の上昇の影響で20%以上値上げされた。プノンペンポスト紙が報じた。

 レギュラーガソリンの価格は1月の3200リエル(0.78米ドル)から、今月は3850リエルへと約20%上昇した。また、ディーゼル(軽油)の価格も約12%上昇した。

 商業省が17日に発表した通知によると、4月16日から30日の間に、ガソリンスタンドでの小売価格は、1リットル当たりレギュラーガソリンで3850リエル、軽油で3600リエルで販売するよう指示した。

 今月初めと比較すると、通常のガソリンの価格は100リエル、軽油で50リエル上昇した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース