カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

不動産

2017年05月17日

オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅

 アジア開発銀行(ADB)は「2017年にカンボジアの成長が鈍化する」と予測しており、経済成長に貢献している建設業や不動産業はゆっくりと収益を上げようとしている。Realestate.com.khが伝えた。

 カンボジアが低中所得国への格上げされ、市民は新たな贅沢を手に入れるものの一つにオーキデヴィラがある。建設されている多くのプロジェクトに比べて、このプロジェクトは何を提供できるのだろうか。

 オーキデヴィラは、その名前のインスピレーションから生まれ、プロジェクトでユニットを購入したいと思う顧客に対して革新的で親しみのある要素を使用し「植物都市」を目指している。カンボジアの自然の緑に絡みあった近代的な建築デザインは、シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイにあるSupertree Groveに似ている一方で、その内装は優れた設備、装飾品、色彩で贅沢に装飾される予定だ。

 このプロジェクトにはグランドヴィラとツインヴィラの2つのヴィラタイプがある。グランドヴィラには3つのフロア、1つのマスターベッドルーム、5つのベッドルーム、ファミリールーム、ダイニングルーム、キッチン、2つのメイドルーム、1つの倉庫、ランドリールーム、駐車場、子供エリア、バスルーム9室。一方、ツインヴィラには、マスターベッドルーム、3ベッドルーム、6バスルーム、ダイニングルーム、キッチン、リビングルーム、倉庫、ランドリールーム、2つの駐車場がある。

 オーキデヴィラは、平穏で24時間セキュリティが用意された安全なエリアにある。学校、店といった施設にも簡単にアクセスすることができる。また、このプロジェクトは主要道路の近くに位置しており、移動が比較的容易だ。

 そのうえ、オーキデヴィラは、カンボジアの2016年の不動産アワードにおいて、プノンペンで最も優れた住宅開発の一つとして高く評価され、その国の最高の投資不動産の一つとしての地位をさらに強固なものにしている。

関連記事
経済
ハードタイトル付きの土地権利が住民に発行 ロン島の都市開発が期待[経済]
(24日)
経済
住宅購入者に注目のエリア プノンペン・センソック区[経済]
(21日)
経済
建設プロジェクト 今年前半期で総額49億ドルと好調[経済]
(17日)
日系
タマホームカンボジア ビル最上階レストラン 3周年記念イベント開催[日系]
(06月29日)
経済
区分所有権付きのオフィスがカンボジアで増加[経済]
(06月20日)
経済
今年はコンドミニアム供給の重要な波を迎える[経済]
(06月20日)
あわせて読みたい
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3

その他の注目記事

人気記事ランキング